マーチャンダイザーの資格、スキル

特別な資格は必要なし

マーチャンダイザーとして働くうえで、絶対に必要とされる資格はありません。

学校の勉強に関しても、専門的なことを学んでいなければ就けない職種というわけではなく、アパレルメーカーや小売店などに就職し、現場で業界知識や業務スキルを身につけて、マーチャンダイザーへとキャリアアップするのが一般的な流れとなっています。

いざ仕事をスタートすれば、日々の実務を通じて身につくことが山ほどあるため、何の資格がなくても成果を出し、活躍しているマーチャンダイザーは大勢います。

その一方で、自身のスキルアップや活躍の幅を広げるために、業界や業務に関連する資格を取得して業務に生かしている人もいます。

ここからは、マーチャンダイザーの仕事に関連すると思われるおもな資格を紹介します。

マーチャンダイザーに関連する資格

ファッションビジネス能力検定試験

ファッション業界で求められるビジネス知識や造形知識を認定する試験です。

ファッションの企画・生産・流通といった領域の知識が問われるため、マーチャンダイザーの業務範囲とも重なります。

販売士

マーチャンダイザーは、販売員としてキャリアを積んだ人がキャリアアップしてなるケースもあります。

この資格の勉強をすることで、販売に関する知識はもちろん、仕入れやマーケティングなどに関する知識まで得ることができます。

ビジネス能力検定

ビジネスマナーやビジネススキルなど、社会人として働くうえで求められる能力を評価する試験です。

マーチャンダイザーは社外の取引先などと商談する機会も多いため、ビジネスの基礎知識をしっかりと持っておくことはとても大切です。

色彩検定

色に関する知識・技能を深めて、感覚を磨くことは、「売れる商品」を開発することにも役立ってくるでしょう。

似た資格として「カラーコーディネーター」もあります。

業務で身につくスキル

マーチャンダイザーは、商品企画・開発、販売計画、予算管理など、幅広い業務に携わります。

市場調査の手法、売上動向などのデータを基に分析する力、また、宣伝企画や販促活動にまつわる知識なども身につきます。

こうした幅広い領域の業務を責任もってこなすためには、経営センスも問われてきます。

マーチャンダイザーとして活躍しようとすればするほど、ビジネスの成り立ちや経営に関する知識・スキルも学ぶことになるでしょう。