マーチャンダイザー部門で働くには

流通・小売業界の企業へ就職をする

マーチャンダイザーは、アパレルメーカー、百貨店、スーパーマーケットといった流通・小売業の企業で活躍しています。

そのため、この職種に就くには、まずこれらの企業へ就職する必要があります。

しかし、マーチャンダイザーは商品の開発生産から販売までトータル的に携わる職種です。

それらに関する幅広い知識とスキルが必要とされるため、未経験者がいきなりマーチャンダイザーとして配属され、第一線で活躍できることはほとんどありません。

大手企業であれば「総合職」として入社をし、本部の営業やバイヤー、あるいはデザイナーやパタンナーといった別の職種で経験を積んだのちに、実力や適性が認められてマーチャンダイザーに任命されるケースが一般的です。

販売員から転身する人も

このほか、別のルートとして、店舗の販売員からキャリアをスタートし、その後本社に異動してマーチャンダイザーになる人もいます。

「売れるもの」を生み出すマーチャンダイザーの仕事では現場感覚が重視されます。

販売員として一定の成績を残していたり、店長としてマネジメント経験も積んでいたりすれば、あとは本人の意欲や努力次第で現場勤務からマーチャンダイザーになれる可能性も十分にあります。

ただし、大手アパレルメーカーでは本社勤務の総合職と販売職をまったく別枠で採用しており、入社後も相互の異動は行わない場合もあるため注意が必要です。

いずれにしても、マーチャンダイザーはバイヤーや販売といった一つの職種を究めた人が選ばれて就くケースが多く、なるまでの道のりは険しいものとなっています。

日ごろから流行や世の中の動きを追って時代を先取りするクセを身につけておくとともに、経営にも興味を持ち、そういったセンスも磨いておくとよいでしょう。

学歴は必要?

マーチャンダイザーになるのに、絶対に有利になるといえる学歴はありません。

業務上必要な知識やスキルは入社後に現場で学ぶことができるため、学生時代の専攻もさほど問われないようです。

ただし、大手企業の総合職では採用条件として「大卒以上」としているケースもあります。経営を学んでいると、ビジネスを動かすうえで役立つ部分もあるでしょう。

そのほか、デザイナーやパタンナーとしての入社であれば服飾系の専門学校卒、販売職では高卒や短大卒の人なども活躍しています。

マーチャンダイザーになるには、学歴よりも入社後の努力や実績のほうが重視されると考えておいたほうがよいでしょう。

そして、自分が目指す企業やブランドを考えたうえで、必要な学歴やスキルを確認してみることをおすすめします。