マーチャンダイザーとバイヤーの違い

それぞれの職種の役割は?

マーチャンダイザーとバイヤー。しばしば役割を混同されるこの2つの職種には、いったいどのような違いがあるのでしょうか。

まず、バイヤーは商品の「買い付け」を行う仕事です。

具体的には、企業やブランドのコンセプトを理解したうえで、顧客ニーズとトレンドを考慮し、売れそうな商品を選んで仕入れをします。

その過程では、どのくらいの量を仕入れるのかといった計画を立て、値段については仕入れ先との交渉も行います。

「売れる!」と思える商品を見極めて、できるだけ安く仕入れ、店頭に並べることがバイヤーのおもな役割です。「仕入れ」のプロフェッショナルともいえるでしょう。

バイヤーの仕事

一方、マーチャンダイザーは、バイヤーと同様に仕入れ計画を立てることも行いますが、販売やマーケティングといった「仕入れ後」の部分にも大きく責任を持ちます。

販促活動やマーケティング活動を通じて、どう商品を売り切るか。それを徹底的に考え、実行に移していくのがマーチャンダイザーです。

ときには親分のようなポジションに立って、売るための商品づくりに一緒に取り組んでいるバイヤー、デザイナー、パタンナー、プレスなど、社内の多様な職種のスタッフを盛り上げていきます。

兼務することもある

このように、マーチャンダイザーとバイヤーは日ごろから「どのようなものが売れるのか?」を考え続けており、業務内容や役割が重なっている面もあります。

大企業であれば両者を別々の部門として機能させているケースが多いものの、中小企業や一部の大手企業、あるいはブランドによってはマーチャンダイザーがバイヤーを兼務することもあります。

仕入れ部分に関してはバイヤーが深い知識を持っていますが、マーチャンダイザーのほうが、より幅広い知識・スキルを必要とされることが特徴です。

バイヤー職として経験を積んだ人がマーチャンダイザーになるというキャリアパスもあります。