マーチャンダイザーの勤務時間・休日・残業

勤務時間

マーチャンダイザーの勤務時間は、勤務先となる企業によって異なります。

一般的には「9:00~18:00」あるいは「10:00~18:30」くらいで、実働7.5時間~8時間程度となっており、アパレル業界であれば朝は多少ゆっくりめにスタートする企業も多いようです。

このほか、フレックスタイム制を取り入れて、1日のうち指定された5時間程度出勤していれば、出社や退社の時間は各自で業務の進捗状況を見ながら自由に決められる企業もあります。

各企業の本部で働くマーチャンダイザーは基本的に夜勤はなく、営業や事務など他職種の社員と同様、日中の時間帯で働くことになります。

外出や出張に出ることも多い

マーチャンダイザーは、市場調査や商品企画、販売促進など多岐にわたる業務を抱えているため、多忙な日々を送ることになりがちです。

オフィスワークのみならず、店舗を訪れて売り場の状態やお客さまの様子を確認したり、バイヤーと一緒に展示会に足を運んで最新のアイテムをチェックしたりと、外出する時間も多くなります。

また、ときには仕入れ先や生産地を訪れるために海外出張を行うこともあります。

残業時間は勤務先などによってもだいぶ異なりますが、出張などが入るときは、どうしても決められた勤務時間以外の時間帯に仕事をすることもあります。

休日

マーチャンダイザーの休日は、土・日曜日が休みの週休二日制であることが多いようです。

販売職の場合、平日が休みのシフト制となっていることが一般的ですが、マーチャンダイザーは基本的に本社勤務となるため、一般的なオフィスワークの会社員と同様、平日に働いて週末に休むというスタイルになっています。

ただし、ときには店舗を回ったり展示会や出張などで週末に出勤し、平日に振替休日を取得するといったこともあります。

よほど業務が溜まっているときでなければ、休日はしっかりと休むことができるでしょう。