メンタルトレーナーのつらいこと、大変なこと、苦労

就職先を見つけるのは簡単ではない

メンタルトレーナーは、近年、少しずつ知名度が上がってきた職業ですが、それでもまだ働き口がさほど多いとはいえません。

メンタルトレーニングを学べる民間のスクールなども増えつつあるものの、学校によって学べる内容や理論・コーチング方法などはだいぶ異なっています。

資格に関しても、現在は民間のものが乱立する状態となっているため、「このルートをたどってこの資格をとれば確実に就職できる」ということはいえません。

せっかくメンタルトレーニングについて学んでも、そのスキルを思うように生かす場がすぐに見つかるとは限らないのが、この職業の大変なところだといえるでしょう。

学びたいという意欲に加えて、自分自身で人脈を広げながら、チャンスを掴み取る姿勢が強く求められるといえるでしょう。

人の心の不安はさまざま

メンタルトレーナーは、スポーツやビジネスなど、どの領域を専門にするとしても、日々さまざまな心の不安や迷いを抱えたクライアントと接することになります。

クライアントの考え方は誰一人として同じではなく、ある人には効果的であったトレーニング内容が、別の人にはあまり効果が表れないということも往々にしてあります。

経験によって見えてくること、わかってくることはたくさんありますが、接する相手が違う以上、常にうまくいくとは限りません。

それでも、試行錯誤しながらクライアントに真摯に向き合うことが何よりも大切です。

人の心の動きは予測できないところもあるため、絶対的な正解がないところも、この仕事の大変な面だといえるでしょう。

自分自身が前向きでいる必要がある

メンタルトレーナーは、自分自身がどのような状態にあったとしても、クライアントの前ではいつでも冷静に、相手の心を向上させていくことに努めなくてはなりません。

メンタルトレーナーも人間ですから、日によっては落ち込んでいたリ、怒りの気持ちがあったり、悩んでしまったりすることもあるでしょう。

それでも、クライアントの前でそうした感情を出すわけにはいきません。

クライアントからすれば、メンタルトレーナーは「メンタルの専門家」ですから、クライアントが安心して自分の心をさらけ出せるような雰囲気づくりをする必要があります。