メンタルトレーナーになるには

資格がなくても働ける

メンタルトレーナーの仕事に就くうえで絶対に必要とされる資格はありません。

ただし、心理学をベースにしたメンタルトレーニングに関する専門的な知識や、カウンセリング技術などを備える必要があります。

まったく知識のないところからメンタルトレーナーを目指す場合には、学校やスクールで学ぶことが近道となるでしょう。

メンタルトレーナーを目指せるおもな学校として、大学・短大の心理学科や、民間のスクール、通信講座があります。

心理学を深く学ぶ場合、大学院まで進学する人もいます。

なお、「スポーツ分野でのメンタルトレーナーになりたい」といったように、将来進みたい分野が明確に定まっている場合には、それについて学べる学校を選ぶとよいでしょう。

「スポーツ心理学科」「スポーツ心理学コース」を置く大学もあります。

仕事に関連する資格

メンタルトレーナーは国家資格がない代わりに、心理学系の民間団体が認定する民間資格がいくつも存在しています。

それらの資格を取得することは必須ではありませんが、資格のために学んだことを業務に生かしたり、就職の際のアピール材料として役立たせたりすることは可能です。

ただし、資格があるから必ず就職に有利になるとも限らないことは理解しておきましょう。

以下は、メンタルトレーナーの代表的な資格と、その認定団体です。

・スポーツメンタルトレーニング指導士(日本スポーツ心理学会)
・メンタルトレーナー2級(日本心理学アカデミー)
・メンタルトレーナー養成講座(H.Y.L. Academy)

メンタルトレーナーの資格を探す際に気を付けておきたいのは、たとえ「メンタルトレーナー」といった名称がついていても、そのなかには自身のメンタルケアを目的とする資格が存在することです。

その資格の場合、仕事として他人のメンタルトレーニングを行うスキルを向上させるのは難しいことがあるため、資格の内容までよく比較することをオススメします。

卒業後の就職

日本には、メンタルトレーニングを事業として専門的に手掛けている企業は少ないため、フリーランスで活動する人が多いとされています。

専門分野の知識を深めながら、できるだけその道での人脈を作っておくことが重要になるでしょう。

大学院にまで進学して専門性を高めていき、教育や研究と兼業でメンタルトレーナーの仕事に携わる人もいます。

そのほか、スポーツ分野を専門とする人はスポーツ団体への就職、さらに医療機関でメンタルトレーニング技術が求められることもあります。

最近は精神病院ではなく、メンタル専門のカウンセリング施設なども増えています。

しかし、実績がないうちは仕事を見つけることが難しく、他の仕事をしながら働き口を探すことになることが多いでしょう。