麻薬取締官と麻薬取締員の違い

麻薬取締員の仕事

「麻薬取締官」は厚生労働省の職員、つまり国家公務員です。それに対して、「麻薬取締員」は都道府県の職員、つまりは地方公務員であることが、この2つの職業の最も大きな違いです。

しかし、麻薬取締員の仕事内容は麻薬取締官のそれと非常に近しいところがあり、薬物犯罪の捜査や医療麻薬の不正使用・盗難防止などを行っています。

麻薬取締官と同様に特別司法警察職員としての権限も与えられており、拳銃などの小型武器を携帯するほか、逮捕術の訓練も受けています。また、麻薬取締官や都道府県警察と密接な協力関係にあることも、麻薬取締員の特徴です。

麻薬取締員になるには

国家公務員と地方公務員では、採用形態がまったく異なります。

麻薬取締官は、国家公務員試験一般職試験(大卒程度)の「行政」または「電気・電子・情報」を受けて合格し採用となるか、薬剤師資格を有する人が採用試験を受けて採用されるかによってなることができ、全国に12ある厚生労働省の地方市分部局である地方厚生(支)局の麻薬取締部に所属します。
麻薬取締官になるには

一方、麻薬取締員の場合、各都道府県の薬事担当課の職員の中から選ばれた人がその職に就きます。

麻薬取締員は麻薬取締官と違って定員枠もなく、各都道府県の判断によって必要な人数が任命されていますが、実際に働いているのはわずか数名程度という都道府県も多いようです。