マーケティング部門の社内での位置づけ、役割

企業のブレーン

マーケティング部門は社内のブレーン役です。客の立場で、客に歓迎される企業活動を考え、提案します。

たとえば商品開発。どんな商品を、いくらで、どういう流通ルートに乗せ、どう宣伝していけばヒットするか。これらを考え関係部門に伝えます。

仕事の守備範囲は個々の企業で異なりますが、ブレーンである点は共通しています。

具体的にどんなことを行うのか、主な仕事を見てみましょう。

情報を読み解く

インターネットや対面、街頭などでのアンケート、市場調査などを通じて消費者のデータを収集、求めていることや興味をもっていることなどを把握し、次に来るトレンドを推し量ります。

また、新商品の見込み販売数やイベントなどの集客数を多様なデータ分析手法などを使って予測したり、実施した広告宣伝活動の効果検証を行ったりします。

自社のホームページなどでの顧客の行動履歴などを解析し、顧客の好みや特徴をつかむのもマーケターの仕事の一つです。

「想い」をカタチにする

商品開発・企画においては、調査結果を基に商品コンセプトをまとめて提案。ターゲットにする層、ターゲットの好みや傾向、彼らの心をとらえるための商品の特徴などを開発・企画部門に伝えます。

コンセプトに沿った商品開発のハードルが高い場合は、消費者マインドから見て、なぜそういう商品でなければならないかをしっかり伝え、開発部門や生産部門に敢えて難題にチャレンジする必要を納得してもらいます。

試作品ができ上がったら客の目線でチェックし、改善点やその理由を伝えます。

「試作のチェックと改善」の一連の作業は完成品にたどり着くまで繰り返します。

このようにして、マーケティング部門は、関係部門と力を合わせ、リサーチから汲み取った消費者の想いを商品、サービスというカタチにしていきます。

効果的に広める

ターゲット特性、各種のデータ、検証した過去の広告宣伝活動の効果などを踏まえ、営業部門と商品価格を検討したり、宣伝・広報部門とどういった費用配分でどんな手法を使って商品告知を進めるかを決定したりします。

最終的に、多くのターゲットに求められる商品になるよう道筋を整えます。