マーケティング部門の仕事、業務内容

売れる仕組みを考える マーケティングとは、「売れる仕組み」を考える仕事だといわれます。 通常、マーケターは客の関心や社会の状況を把握するために情報収集・分析を行い、その結果に基づいて社内ブレーンとして企業活動を支えます。 … 続きを読む

マーケティング担当の1日

マーケティングとは、客や社会について調べ、客の立場に立った意見を社内に伝えて客に喜ばれる企業活動ができるようにする仕事です。 具体的にどんな仕事をするのかは、企業によって違いますが、ここではよく見られるマーケター(マーケ … 続きを読む

マーケティング部門のやりがい、魅力

社会のトレンドが見える マーケティング部門では、消費者アンケートや市場調査、メディアから流れてくるニュース、日々の生活の中での気づきなどから、社会の傾向について仮説を立てては何度も検証し、「人々が何を欲しているか」をつか … 続きを読む

マーケティング部門の現状と将来性

マーケターは企業にとって不可欠な存在に これまで日本企業の多くで、マーケターの仕事は宣伝分野に限定されがちでしたが、IT(情報技術)の進化がこれを大きく変え始めています。 Webサイトに続いて、スマートフォン、SNSなど … 続きを読む

マーケティング部門の種類

マーケティングの担当部門は企業によって異なります。 マーケティング部門がマーケティングを行う場合もあれば、企画開発部門、営業部門、広報・宣伝部門などがマーケティング部門的役割を果たしたり、これらの部門の中にマーケター(マ … 続きを読む