マーケティング部門への転職、未経験採用

求人増だが、競争率は高い

消費者の好みや価値観の多様化に伴い、マーケティング部門を強化する企業が増え、マーケター募集は増加傾向にあります。

しかし募集人数自体がそれほど多くない上に、応募者が求人数を上回るほど増え、競争率は高まっているようです。

一方、「できるマーケティング職経験者」は引く手あまたで採用が難しいため、多くの企業は未経験者のポテンシャル採用も進めています。

とくにベンチャー企業は積極的だといわれます。

競争が激しい中でも、採用されやすい人、採用に至るポイントなどについて、マーケティング職経験者と未経験者に分けてまとめてみました。

経験者~ささやかな実績も数値を提示してアピール~

経験者の中でも、マーケティングリーダーとして自らが企画した商品をヒットさせてきたマーケターは、募集側の最も望む人材。

また、デジタルマーケティング経験者への需要も大きくなっています。

そこまで華々しい実績ではなくとも、手がけたマーケティングの狙い、自らの立場、手段、数値実績などをまとめて提示できれば、採用への可能性は高まります。

ポイントは、関わった案件が最終的に成功したかどうかにこだわらないこと。大きなプロジェクトの中で、部分的に改善できた点などもピックアップしましょう。

未経験者~関連分野の経験者が有利~

マーケティングは、調査したり、企画、営業、広報・宣伝などの部門に客の立場でアドバイスしたりする仕事なので、未経験でもリサーチ、営業、販促など関連分野で実績があれば、マーケターとしての可能性ありとみなされるようです。

また、「広い視野に立ってプランニングして実行する」仕事の経験者も、ポテンシャル採用されやすいといいます。

「売れる仕組みを考える」というマーケティング職の特徴に、通じるところがあるからです。

たとえば、

・企業の経営計画の立案・管理を行う経営企画や新事業の立ち上げを担う事業企画部門出身者
・企業経営を俯瞰しながら個々の課題に取り組む戦略系コンサルティングファーム
・プロモーション戦略を提案する広告代理店などでキャリアを積んできた人

などです。

ポテンシャルの裏付けを示す

ポテンシャルを裏付けるものとしては、まずは、それぞれのキャリアの中で積み上げてきた実績が挙げられます。

取り組んできた案件について、課題、アプローチ方法、数値実績を整理して提示しましょう。

また、マーケティング関連の資格もポテンシャル証明につながります。

たとえばマーケティング全般の実務知識についての「マーケティング・ビジネス実務検定」、Webマーケティングの基礎に関する「ネットマーケティング検定」などが考えられます。

さらに、ハードルは高いですが、中小企業診断士、MBA(経営学修士)などの資格があれば、より広い視野でマーケティングをとらえられる可能性を示せます。