マーケティング担当のキャリアパス

CMO(最高マーケティング責任者)のいる企業、いない企業

企業のマーケティング施策全体を統括するCMO(Chief Marketing Officer)は、アメリカの企業では比較的よく置かれている幹部役員職です。

日本でも今後は増えるといわれていますが、今のところ、外資系、ネットビジネス系企業以外では、ほとんど見られないといいます。

実は、CMO職の有無により、企業のマーケティングのとらえ方、マーケターのキャリアパスが違ってきます。

ブランドマネージャーからCMOへ

通常、CMOを置いている企業では、マーケティングを「売れる仕組みづくり」ととらえています。

マーケティング部門は、市場調査から商品の企画・開発、生産、営業、宣伝にいたるまで深く関わり、客の立場から見て魅力的な商品になるよう、ブレーンとしてそれぞれの工程をリードします。

こういう企業では、マーケティングが経営全体に大きな影響を与えるため、全社的にマーケティングを統括するためにCMOを置いているとも言えます。

さて、このタイプの企業の場合、どのようなキャリアパスが考えられるでしょう。

企業によって異なりますが、消費財メーカーを例に挙げてみます。

マーケターが最初に目指す役職はブランドマネージャーです。企画・開発、営業、宣伝部門などと協力して、ゼロから商品を生み出し、育てる立場です

。商品戦略を考えるブランドマネージャーで経験を積んだら、今度はブランドを横断し企業全体の利益拡大を考えるマーケティングマネージャー職に就きます。

さらに調査、ブランドマネジメント、広告宣伝などマーケティング関連分野全般を管理するマーケティングディレクターを経て、CMOに至ります。

なお、外資系のメーカーでは消費者を熟知しているマーケター出身者がCEO(最高経営責任者)に就くことが多いようです。

他にも、マーケターとしてある程度以上のスキルが身についたら、これからマーケティングを強化したい中小企業にCMO待遇で転職したり、マーケティングコンサルタントとして独立したりするキャリアパスが考えられます。

転職でステップアップ

一方、CMOを置いていない企業は、「マーケティング=広告・宣伝」ととらえる傾向があります。これまで、日本企業の多くがこちらのタイプでした。

このタイプでは、マーケティングが関わる領域は、広告・宣伝分野に限定されるため、CMOを置く必要がありません。

多くの場合、こうした企業ではブランドマネージャー職はあっても、それ以上の上級職は置いてないようです。

したがって、マーケターとしてのステップアップを目指すなら、転職を選ぶことになります。

転職先としては、広告代理店の企画・マーケティング部門、マーケティングを重視している外資系・ネットビジネス系企業などが考えられます。

競争率が高い外資系企業への転職を狙う場合、まずは、ネット広告代理店やWebマーケティング会社に転職して、デジタルマーケティングのスキルを身につけたり、MBO(経営学修士)を取ったりするなどの準備をしてからがいいでしょう。

転職に成功したら、新たな勤務先でのさらなるキャリアアップ、力をつけてからスペシャリストとして独立など、次のキャリアパスが見えてきます。