マンション管理士の仕事内容、役割

マンション管理の専門家

マンション管理士は、マンションの維持や管理に関しての専門知識を有し、その知識をもってコンサルティングをする専門家です。

「マンション管理士」の資格制度は、2001年施行の「マンション管理適正化法」によって作られた、比較的新しい資格です。

日本には数多くのマンションが存在しますが、そうしたマンションは一般的に「管理組合」によって管理やトラブル対応がなされています。

しかし、マンションの管理には建物構造上の技術的問題なども含まれてくることから専門知識が求められるため、専門知識を持つ国家資格として「マンション管理士」が誕生しました。

2014年には築30年超の高経年マンションが150万戸を超え、大規模修繕や建替えといった対応が求められています。

そのような時代背景の下、マンション管理士の果たすべき役目は大きなものとなっています。

具体的な仕事内容

マンション管理士の具体的な仕事内容は、以下が挙げられます。

・管理費、修繕積立金の会計監査
・予算案・予算改定案の作成
・総会・理事会の運営
・管理規約の改正・見直し
・管理コストの見直し・削減
・マンション分譲に関する相談・助言
・管理委託会社の選定・変更

このほか、

・災害によってマンションを緊急補修しなければならない場合に必要な取りまとめに関する助言
・外壁の張替えなどといった大規模修繕に備えた修繕積立金の取り扱い
・大規模修繕工事の施工会社選定や諸手続き

などの代行なども行ったりします。

なお、マンションに常駐している「管理人」とはまったく異なる仕事です。

マンション管理組合のサポートとコンサルティング

マンション管理士の役割をまとめると、「マンション管理組合のサポート」と「コンサルティング」をおこなうことです。

マンションは一棟の建物にたくさんの世帯が住むうえに、専有部分・共用部分・敷地利用権といった権利関係が複雑な面もあります。

つまり、複雑な権利関係と利害関係を調整するためにマンション管理組合が設けられるのですが、組合員は住人であることから、マンションの維持や運営についての知識があるとは限りません。

むしろ、それらの知識がとぼしく、名ばかりの組合となってしまうおそれが強いものです。

そのため、マンション管理士のような専門知識をもったコンサルタントが必要とされるのです。

住民同士のトラブル解決に一役買うことも

先ほども書いたとおり、マンションには多数の利害関係が存在するものです。

とくに、ペットや騒音に関するトラブルはよく起こりがちで、これらは基本的には住人たちで解決するものですが、込み入ったことになるとマンション管理士が間に入る必要もあります。

これらのトラブルは基本的には管理規約などに則って解決されるものですが、話がこじれると感情論に発展しかねません。

そうなった場合に、住人同士ではなく中立的な立場で意見をいえるマンション管理士が頼られます。

マンション管理士は「仲介役」となるため大変な面もありますが、こうしたことで頼られるのも、プロフェッショナルだからこそといえます。