マンション管理士の給料・年収

マンション管理士だけの年収は高くない

マンション管理士の有資格者の平均年収は400万円前後とされており、一般的なサラリーマンの平均年収と大差ありません。

しかしながら、マンション管理士の年収分布は300~800万円ぐらいとなり、格差が大きいことがわかります。

これは、マンション管理士はその資格だけで成り立つような仕事ではなく、あくまで一つのスキルとしての資格とされているからです。

つまり「マンション管理士」自体の給料や年収は特別に高くはないのですが、プラスアルファとしての知識や経験、ノウハウといったものを持っていたり、評価されるような仕事をたくさんしたり、よいお客さんをしっかりつかまえることができれば、そこそこよい給料や年収も手に入ると考えられます。

マンション管理士は国家資格ですが、多くの人はマンション管理会社などの企業勤めをしています。

そのため、勤務先となる企業の規模や地域などによっても得られる収入は変わってきます。

給料・年収を上げるには

それでは、マンション管理士が給料や年収を上げるにはどうすればよいのでしょうか。

一概にいうことは難しいのですが、先述の通り、マンション管理士の資格だけでなくプラスアルファの知識や経験、ノウハウを持つことが大事です。

マンション管理士を有利にするプラスアルファの知識や経験・ノウハウのジャンルは「法律関係」「建築関係」「機械設備(とくにボイラーなど)」「対人交渉(とくにトラブル対応など)」です。

こうしたことから、マンション管理士が持つ他の資格として「行政書士」や「宅地建物取引主任者」「建築士」「ボイラー技師」などが挙げられます。

行政書士の仕事
宅地建物取引主任者の仕事
建築士の仕事

これらの取得も資格して仕事に生かせば勤務先からも評価されるでしょうし、評価されなくても転職などに有利にはたらくでしょう。

独立開業の可能性は?

マンションを維持管理し、その組合を運営することを専門的な立場からアドバイス・コンサルティングするマンション管理士は、独立開業することも可能です。

しかし、現実にはこの資格のみで独立開業することは難しく、独立開業している人のほとんどは別の種類の仕事も一緒に行っているようです。

たとえば、行政書士事務所や宅地建物取引業、建築設計事務所、ファイナンシャルプランナー事務所を出し、併せてマンション管理士としての業務も手掛けるといった具合です。

こうした別資格も取得し、お客さんが見込めるようであれば独立開業をしてやっていくことも可能といえるでしょう。

その場合の年収については、頑張り次第では年収1000万円超えも可能ですが、安定感という点では会社員にはなかなかかないません。

独立開業を視野に入れている方は、安定感も割り引いたうえで判断する必要があります。

マンション管理士は需要が大きくなっているものの、まだ比較的新しめの国家資格です。

やりようによっては大きく稼げる可能性を秘めていますが、自ら市場を開拓していく姿勢も求められるといえるでしょう。