マンション管理士になるには

受験資格はあるの?

マンション管理士になるには、マンション管理士試験に合格して登録を受けなければなりません。

そのマンション管理士試験ですが、受験資格は特にありません。つまり、学歴要件・年齢要件や実務経験といったものが一切なく、誰でも受けることが可能です。

マンション管理士試験の概要は?

マンション管理士試験は、年1回、毎年11月の最終日曜日に行われます。

試験地はある程度限定され、札幌市・仙台市・東京都・名古屋市・大阪市・広島市・福岡市・那覇市といった場所でのみ受験できます。

受験者数は年々減少気味で、平成13年度(資格創設当初)の10万人からどんどん減少し、現在は2万人を切るような受験者数にまで落ち込んでしまっています。

合格率の方は8〜10%程度で推移しており、比較的難しい資格試験に分類されます。

資格試験の内容ですが、「法令および実務」「管理組合の運営」「建物の形質・構造」「マンション管理適正化推進法」の4つの分野から、四肢択一問題が50問出されます。

このうち、もっともウェイトを占めるのが「法令および実務」のなかにある区分所有法と民法で、この二つで実に全体の30%以上の問題が構成されています。

次にウェイトを占めているのが「マンション管理適正化推進法」の5問ですが、類似資格である管理業務主任者に合格していると免除されます。

合格後に登録してはじめて名乗れる

マンション管理士は法律上定められた独占資格はありませんが、名乗るのにはマンション管理士試験に合格し、マンション管理士としての登録を受けなければなりません。

つまり、いわゆる「名称独占資格」に当たるものです。

この登録に当たっての要件は特になく、実務経験や講習等も必要なくマンション管理士試験に合格後、所定の手続きを踏めば登録できます。

ただし、登録後は5年毎に法定講習が義務付けられ、これを受講しない場合にはマンション管理士登録を取り消されたり、一定期間マンション管理士を名乗ることを禁じられたりしてしまいます。