マンション管理士の勤務先、活躍の場

王道はマンション管理事業者

マンション管理士の勤務先としてもっとも有力なのは、マンション管理を専門にしている事業者、いわゆるマンション管理会社です。

マンション管理士の資格は、同系統の資格である「宅地建物取引主任者」や「管理業務主任者」のように、従業員の数などに応じて必要とされる資格ではありません。

いわゆる名称独占資格といって、「マンション管理士」を名乗るために必要な資格に過ぎないのです。

しかしながら、マンション管理士の難易度から稀少性があるため、専門業界では評価が高いものといえます。

当然、それに見合う実力が要求されるのですが、同じ実力や同じ経験といった比較であれば、有資格者の方が評価が高くなります。

そのため、マンション管理会社に就職や転職を考える場合には、あるとかなり有利に働くことは間違いありません。

また、これに加えて宅地建物取引主任者や管理業務主任者も取得していると、資格的には申し分ないといえるでしょう。

宅地建物取引主任者の仕事

不動産屋でも重宝される

不動産を手がける企業は、上場企業の大会社もあれば、こじんまりした個人事務所もあり、マンション管理会社に比べると業界内での格差は大きいものがあります。

中にはマンション管理に特化しつつ、売買や賃貸も行う会社もあります。

これらの会社に就職するには、宅地建物取引主任者や管理業務主任者も取得しておくべきでしょう。

マンション管理会社のみを行う企業と違って、不動産屋の場合は宅地建物取引主任者を置くことが必須ですし、管理業務主任者の必要性も高いからです。

ほかにスキルやノウハウがあれば独立開業も

マンション管理を独立開業して行うには、単にマンション管理組合の運営を行うばかりでは不十分で、ボイラー等の機械設備の対応ができたり、リフォームの知識があったりするなどの付加価値がないと難しいものがあります。

ただ、これらの付加価値があり、クレーム対応やトラブル解決などの本来の管理業務をすばやくきれいに片づけられるのであれば、独立開業して行うというのも手です。

優良なお客さん(マンション管理組合)を一定数持つことができれば、比較的長期にわたって安定的に収入を得ることができます。