マンション管理士の1日

数多くの客先に向かう

マンション管理士は、営業や打ち合わせなどで、社外の客先に向かうことも多い仕事です。

ここではあるマンション管理士の1日を紹介します。

09:00 出勤

朝一で打ち合わせを行います。顧客開拓のための社内打ち合わせは、契約件数に関する報告を兼ねています。

マンション管理士だからといって「営業の仕事はしません」など通用するはずもなく、どのように顧客開拓をして契約件数を伸ばすかを熱く議論します。

もちろん営業成績が伸び悩んでいると、叱咤激励されるので胃の痛くなる瞬間でもあります。

10:30 管理組合の総会会場

組合が行う総会も実はマンション管理士が管理運営していることも珍しくありません。

当日の会場の手配や、仕出し弁当の予約、机や椅子といった必要設備を確認しておくのも大切な役割です。

12:30 お昼休み

昼食は社外で取ることも多いです。数多くの客先に向かうには、お昼休憩も効率的にとらないとやっていられません。

バタバタして食べれないことも珍しくありません。

13:30 組合との会合

管理規約の改定をめぐって必要となる説明や提案をおこないます。

昼間の時間帯に時間を取ってもらえるのはとてもありがたいことです。

会合が終わると、そのまま井戸端会議になってしまうこともよくあるのですが、親睦を深めつつ住民の声を聞く貴重な機会なのでじっと耳を傾けます。

15:00 一旦社内に戻る

午前中に回った客先に関する資料をまとめ、上司に報告します。

上司も出払っていることが多いので、メールに資料を添付して置きます。逆に机に詰まれた書類には判子を押し、経理担当に回します。

16:30 住民とのヒアリング

共有スペースの使用をめぐりトラブルが発生しているので、現場を実際に見て回ります。

私物を置きっぱなしにしている人がいればチェックしておきます。

日々の生活を見守っているマンション在中の管理人との連携も密に行う必要があるため、確認事項の申し合わせ等を行います。

18:30 社内で資料整理

外に出ていることがかなり多いので、腰を落ち着けて資料を整理できるのはこんな時間になってしまうことも珍しくありません。