マンション管理人のやりがい、魅力

特別な資格や学歴は求められない

マンション管理人として働くために、特別な学歴や資格などが求められることはほとんどありません。

強いていえば、仕事では日々さまざまな人と接し、状況に応じた臨機応変な対応が求められることから、豊かな人生経験や対人スキルがあると歓迎されますが、何か専門的な勉強をしていないとできない仕事というわけではありません。

未経験者の就職や異業種からの転職もしやすく、とくに中高年の世代の人が積極的に採用される傾向にあるため、自分自身が元気である限り、年齢を重ねても働き続けられる仕事であることが魅力といえるでしょう。

居住者との信頼関係

マンションの居住者にとって、マンションの管理人は最も身近な頼れる存在となります。

管理人の存在は決して目立つものではありませんが、ふと居住者と顔を合わせたときに「こんにちは」「いつもありがとうございます」といった声を気軽にかけてもらえるようになると、信頼関係が築けていることが感じられてうれしくなります。

また、自分が一生懸命仕事をすることで、居住者たちが安心・安全かつ快適に生活している姿を見ることも、マンション管理人にとっての喜びです。

人のお世話をするのが好きな人であれば、日常のささいな居住者とのやりとりにやりがいを感じられるでしょう。

マイペースに働きやすい

マンション管理人の仕事は、体力を要するものではありません。

日常の清掃や点検業務といったような多少身体を動かす仕事はありますが、体力に自信がない人でも無理なく続けられる仕事です。

また、よほどの緊急事態でない限り、定められた勤務時間内で働き、残業がほとんどないこともこの仕事の良いところいえます。

普段は自分一人で「マンションを守る」という意識の下に仕事をするため、大きな組織の中で働く場合のように周囲の人に気を遣うことなく、マイペースで働けることも魅力といえるでしょう。