Web漫画で収入を得る方法

漫画家が新しい収入モデルを考える時代

出版不況ということが言われて久しいですが、それは漫画界も同じです。

一部の大ヒット作は相変わらず売れていますが、それ以外の多くの漫画は昔ほどには売れなくなっています。

逆に今までだったらまともな収入を得られなかった個人の漫画家が、収入を得やすい時代になっています。

もともと同人誌の世界では、売れていないプロより稼いでいる漫画家が多くいましたが、そうした同人漫画家の人数も増えましたし、Webを使って収入を得る手段も増えました。

ここでは、それらの具体的な方法を見ていきます。

有料サイトで連載する

一番メジャーな方法は「有料サイトで連載する」というものです。

こうした有料サイトにはいろいろ種類がありますが、漫画の週刊誌や月刊誌同様、何人かの作家が集まり、サイトを構成している場所もあります。

こうしたサイトの場合、閲覧者が月額の会費や年会費を払って漫画を読む、というスタイルもありますし、他のスタイルもあります。

こうしたサイトで連載する場合は、これらを運営する会社が設けているオーディションに通過する必要があります。

出版業界のように、印刷や流通のコストがない分、漫画家の取り分も多くなっており、面白い作品さえ出せば、かなりの収入を得ることも可能です。

アフィリエイトで収入を得る

有料サイトでなく、無料サイトで収入を得る方法もあります。

この場合、漫画自体は無料で読めるようにし、代わりにアフィリエイトなどで収入を得ることになります。

おもしろい漫画を連載して、それを読みに来た読者が広告をクリックして収益を得ます。

実際に、すでにプロの漫画家さん数人が、この手法で本業の原稿料を越えており、今後この手法はますます強くなっていくと思われます。

また、今のところアフィリエイトと漫画の内容は一致していない状態ですが、漫画で商品を紹介するようなアフィリエイトがあってもおもしろいかもしれません。

いずれにせよ、漫画家が収入を得る方法は非常に多様化しました。

今までのルートにこだわらず、自分に合った収入源を、漫画志望者は考えてみましょう。