漫画家の仕事の流れ

漫画家の仕事の大まかな流れ

漫画家の仕事の流れは、以下のようになります。

・依頼を受ける

・ネーム(ラフ)を送る

・ネーム(ラフ)を修正する

・本原稿に入る

・本原稿を修正する

・納品

ジャンプなどの週刊連載の漫画家でも、書籍専門、広告漫画専門などの漫画家でも、共通して大体こういう流れです。

娯楽系の漫画家の仕事の流れは特筆すべき部分が多いので、次はそれを見ていきましょう

娯楽系の漫画家(週刊連載など)の仕事の流れ

自身で原作も絵も手がけるという場合ですが、まずはシナリオがわかるネーム(ラフ)を担当編集者に見せます。

そして、シナリオやコマ割りについて、編集者とじっくり議論し、改善すべきところを改善します。

そして、その改善が終わったら、本原稿に入ります。

本原稿もまずは鉛筆で下書きをし、それからペン入れをします。ペン入れはアシスタントに任せることが多いです。

また、その後のベタ(黒の部分を塗りつぶす作業)やトーン貼りの作業も、アシスタントが手がけることが多いです。

どうしても難しいところや重要な所は、漫画家自身が手がけます。

背景もアシスタントがほとんどすべて描きます。とくに熟練のアシスタントだと、漫画家より背景に関してはうまいくらいです。

こうした多くの人との共同作業で本原稿が終わり、あとは編集者にその原稿を届けて、その週の仕事は完了します。

書籍の漫画家の仕事の流れ

書籍の漫画家というのは、学習漫画など「マンガでわかる○○」というので活躍する漫画家です。

この場合も、仕事の大まかな流れは週刊連載と一緒です。

違うところは、ほとんどの場合アシスタントがいないということ、また、描く作業をデジタルで行うことが多い、ということです。

理由は、週刊連載に比べて出版社からの修正指示が多いためです。