漫画家の道具、必需品

漫画を描くには基本、紙とペンがあればいいのですが、本格的に漫画を描くとなるとさまざまな道具が入ります。

デジタルソフトで描く場合もありますが、ここでは基本のアナログで漫画を描く場合の道具を中心にご紹介します。

漫画を描くための必需品

原稿用紙:漫画専用の原稿用紙などが主流

ケント紙など厚手の紙をつかってもOKですが、漫画の専用用紙の方がトンボ・タチキリなど、印刷範囲の目印がついているので便利です。

印刷する場合は、入稿後にミスが起こりにくいので専用用紙をオススメします。

鉛筆・ペン:アナログの場合、下書き・ペン入れの際に使用

鉛筆はペン入れ後に消しゴムで消しますので、消しやすいやわらかめのBや2Bを使う方が多いです。

ペンは、つけペンというインクを付けて描く専用のペンが主流になっています。インクをいちいちつけて描くのは面倒に見えますが、一本のペンで強弱をつけられるのでとても便利です。

最近は、コピック・マルチライナーなどのペンを使う方もいます。

普通のペンと使い心地は変わらないので便利ですが、強弱や線の太さは変えられません。たいていは、人物や背景など描く物に合わせて使い分けます。

インク・ホワイト:つけペンを使用する際にはインクは必需品

種類はさまざまありますが、最初は漫画用のインクを使うのがオススメ。慣れてきたらいろいろ試してみて、使いやすいものを見つけてみましょう。

ホワイトは、失敗した箇所の修正や髪のつや、キラキラしている部分に使います。使い方は、絵の具のように筆を水で濡らし、ホワイトを付けて塗ります。

水加減によっては、下の黒いインクが混ざったりにじんだりしますので、慣れが必要です。

スクリーントーン:模様の描かれたシールのようなもの

カッターで使いたいところに合わせて切り、貼り付けます。これによって、陰影や人物の表情、背景の模様などを表現します。

スクリーントーンは何種類も必要とするわりには値段が高く、何枚も買うとなると結構出費がかさみます。

また、作業中はかなり散らかります。

趣味で描かれている方などは、トーン貼りからデジタルソフトで作業する方もいるようです。

定規:枠線や集中線などを描く際に使用

見慣れた直線定規や三角定規のほか、曲線をきれいに描くための雲形定規、製図用テンプレートなどがあります。

画材屋さんで扱っていますので探してみましょう。

あると便利なもの

マスキングテープ:粘着力の弱い紙テープ

最近はおしゃれなマスキングテープもありますが、漫画で使うのは薄い茶色の事務用品的なものです。

色を付けたくないところに貼って、その部分を保護する場合に使います。

メンディングテープ:文房具屋さんでよく見る「貼ると透明になるテープ」

スクリーントーンを貼った時、細かいところや髪の先などはがれてくることがあります。

それを防ぐため、スクリーントーンの上から貼って、はがれないよう固定するために使います。

スキャナー:デジタルで作業する人には必須

どの工程からデジタル化するのかは人によって違いますが、手間と費用のかかるトーン貼り・ベタ塗り・着色の工程から始める人が多いです。

原稿をスキャナーで読み込んで、そこからパソコンで作業します。

趣味で描いている方の中には、スキャナーの代わりにデジカメやスマホで撮影してパソコンに取り込む方もいるようです。

ですが、撮影した時の角度によって絵がゆがんだり手の影が映り込んだりもしますので、プロを目指す方は準備しておいた方がいいかもしれません。