メイクアップアーティストの仕事内容

メイクアップアーティストとは、雑誌、テレビ、雑誌、映画などのメディア、ファッションショーやイベント、さらにはブライダルやサロンなどで、モデルやタレント、あるいは一般の人々に対してヘアメイクを行う人のことをいいます。

日本では、基本的に「ヘアスタイリング」と「メイクアップ」の仕事は分業されておらず、メイクアップアーティストは両方の知識と技術を持っていることが求められます。

主な活躍の場は、ヘアメイク専門のプロダクション、エステティックサロン、ブライダルサロン、化粧品メーカーなどです。

実力をつけた人の中にはフリーランスになり、特定の企業などに所属せず、自分で仕事を見つけてさまざまな案件をこなす人もいます。

メイクアップアーティストの仕事内容は、勤務先などによって少しずつ異なります。

プロダクションやサロン、企業に所属する場合

ヘアメイク専門のプロダクションに所属している人の場合、CM、テレビ、広告などメディアの仕事が多いようです。

プロダクションが仕事の依頼を受けると、所属するメイクアップアーティストは現場に出勤し、タレントやモデルにヘアメイクを行います。

サロンや企業等に所属する場合、化粧品メーカーであれば自社商品をアピールするために、企業広告やパンフレットに出演するモデルのヘアメイクを担当します。中には、メイクの知識を生かして新商品の開発に携わる人もいます。

ブライダルサロンで活躍する人の場合は、ヘアメイクだけでなくドレスの着付けなど、花嫁のお世話係のようなことまで任されるケースがあります。

どのような場合でも、まずはクライアントの意向を聞き、求められるヘアメイクをきちんとカタチにできるだけのスキルが求められます。

フリーのメイクアップアーティストの場合

フリーランスで働く人の場合、案件ごとに依頼を受け、現場に出向いて仕事を行います。

中にはテレビ局や番組制作会社、またはブランド、ファッションデザイナーと専属契約を結んでいる人や、化粧品を自分でプロデュースしたり、タレント活動も並行して行っている人もいます。

この世界でフリーで活躍できるということは、多方面から絶大な信頼を受けているということを意味します。

プロダクションや企業で経験を積み、メイクアップアーティストとしての相当な知識と実力を身につけた人や、自分一人でも仕事を獲ってこれるほどの人脈と行動力がずば抜けているいるような人が、フリーとして生活できています。

また、フリーとしてさらに実績を積むと、自分の事務所やサロン経営にまで着手したり、専属アシスタントを雇ってより大きな仕事を請け負う人もいます。

仕事の流れ

メイクアップアーティストの活躍の場は多岐にわたるため、職場や現場によって仕事の流れは異なります。

ここでは、テレビ番組の出演者にヘアメイクを行う場合の主な流れを説明します。

1.プロダクションでメイク道具などを準備し、現場へ出勤
2.放送前、出演者のヘアメイク
3.放送、CM中にヘアメイク直し
4.後片付け
5.制作スタッフと次回の仕事の打ち合わせ

あくまでもこれは一例ですが、どの現場でも限られた時間内で、相手の期待に応えるヘアメイクをすることが求められます。

作品は多くのスタッフの共同作業で作られていくため、その場の状況に応じて、臨機応変に立ち回ることも大切です。

仕事体験談