メイクアップアーティスト平山 竜巳さん

大阪府出身。大阪府立夕陽丘高等学校、関西美容専門学校卒業後、都内美容室に就職。その後、BE-STAFF MAKE UP UNIVERSALでメイク技術を学び、現在はフリーランスとして活躍中。

今の仕事内容を教えて下さい。

現在はフリーのヘアメイクアップアーティストをしています。主に、一般の方を相手にパーティやお仕事前のヘアメイクをしています。

僕は事務所に所属しているわけではないので、ヘアメイクの他にも個人依頼でライブやスチールの仕事であったり、メイクアドバイスを目的としたインストラクター業務などもさせていただいていています。

この仕事に興味を持ったきっかけはなんですか?

昔から特にヘアメイクに憧れていた訳ではないんです。ただ、両親が堅実な職業で、その会社一筋で勤続する姿を見てきた分、自分の力次第で自由に動ける職種に就きたいとは思っていました。なので特にきっかけがあった訳ではなく、ごく自然なカタチで今の業界を選んだ、という感じですね。

この仕事に就いた経緯を教えてください。

美容師時代に、もっと自分の生き方を自分で選べないものか。と考えた結果、メイク学校に通い、卒業後ヘアメイクアップアーティストの世界に飛び込びました。

通っていた学校ではどんな事を学びましたか?

技術はもちろんですが、職業訓練校のような環境だったのでカリキュラムの進め具合も申告制でしたし、現場経験も多く、アーティストとして大事な心構えを自然と学べた気がします。その時の経験や人脈が独立した今でもやはり基盤になっていると感じます。

今の状況になるまでに何か苦労はありましたか?

経済的な理由から「やりたいこと」と「やらなければばらないこと」の両立が辛かったですね。

生活のために、手に切り傷が絶えないバイトもしましたし、自分の手が人のお顔から遠ざかっていく感覚にジレンマを抱きながら、とにかく美容だけに集中したい!と思う一心で目の前の仕事をこなす時期もありました。

そういった状況をどう乗り越えましたか?

極力ポジティブに自分の気持ちを変えることから始めました。どんなに嫌で辛いことであっても「将来のための今なんだ」と自分に暗示をかけていました。

結局は、当時の状況を乗り越えたからこそ、多少のことでは揺るがない覚悟ができたのだと思います。

仕事体験談