メイクアップアーティストの1日

不規則な生活になる人も

メイクアップアーティストの1日の過ごし方は、勤務先や働き方などによってだいぶ変わってきます。

化粧品メーカーであれば、他の一般的な社員と同様に、決まった時間に出社・退社をすることが多いですが、フリーランスで活動するメイクアップアーティストの場合、日によって1日の流れはまったく異なる場合があります。

また、ヘアメイクのプロダクション勤務の場合でも、仕事現場によっては日中だけでなく早朝や深夜に仕事をすることがあります。

こうした点を踏まえたうえで、ここではメイクアップアーティストのある1日について紹介します。

フリーで働くメイクアップアーティストの1日

8:30 起床

前日は夜遅くまでの現場だったため、ゆっくりめに起きました。

9:00 準備

今日は昼からスタジオで雑誌撮影の仕事なので、メイク道具など必要なものを揃えます。

10:30 現場入り

現場に移動し、担当者に挨拶。

11:00 メイク開始

モデルさんとコミュニケーションをとりながら、メイクをしていきます。

12:00 ヘアメイクの直し

撮影中はこまめにメイクの崩れを直します。

合間を見ながら、簡単におにぎりなどの食事をとります。

14:30 撮影終了

担当者と、今後の流れなどについて軽くミーティングをします。

16:00 後片付け

メイク道具は細かいものも多いため、忘れ物がないように念入りに確認します。

17:30 次の現場へ

この日は夕方からテレビドラマの撮影現場に入ります。

0:30 帰宅

深夜に仕事を終え、軽く休憩してから就寝します。

結婚式場勤務のメイクアップアーティストの1日

9:30 出社

デスクに着いたらパソコンを立ち上げてメールチェック。

10:00 ミーティング

部内のミーティングで、当日のスケジュールや連絡事項を共有します。

11:30 お客さまと打ち合わせ

結婚式を予定しているお客さまと、当日のメイクの方向性について打ち合わせ。

13:00 休憩

ランチタイムです。

14:00 ドレス選びに同席

花嫁のウエディングドレス選びのアドバイスを行います。

16:00 社内業務

メールでお客さまからの質問に答えたり、資料を作成したりします。

18:00 退社

翌日はお客さまの結婚式が入っているため、ぬかりない準備をして退社します。

仕事体験談