メイクアップアーティストになるための学校(専門学校・スクール)

メイクアップが学べる学校・スクールの種類

メイクアップアーティストは、国家資格が必要な仕事ではありません。

なるためのルートも複数考えられますが、最も一般的といえるのは、美容・ヘアメイク専門学校やスクールの卒業後、ヘアメイクプロダクションや化粧品会社、ブライダル会社等に就職するルートです。

ヘアメイクについて学べる学校・スクールの種類としては、以下が挙げられます。

専門学校(学校法人)

ヘアメイク専門学校や、美容専門学校のヘアメイク科などです。

学校法人の専門学校は、履歴書等に書く学歴としても認められます。

在学期間は「2年制」の学校が多く、ある程度時間をかけてヘアメイクの基礎から実践まで学びながら、キャンパスライフも満喫するといったスタイルが一般的です。

専門学校に通学する学生は、高校を出てそのまま入学する20歳前後の人が多いですが、一度社会に出てからメイクアップアーティストへの転身を目指して入学する人もいます。

なかには美容師免許を取得するためのカリキュラムが組まれている学校もあります。

専門学校での学びは、短期間でメイクアップについて学ぶ通信講座等に比べると時間もお金もかかります。

学費については、入学金や授業料等もあわせて、年間で100万円以上かかる学校が多いです。

しかし、就職先の紹介をしてもらえたり、同世代の仲間と一緒に励まし合いながら勉強できることなどはメリットといえます。

民間スクール

専門学校ほどしっかりと通い続けるのが難しい場合には、週に1日~3日程度の通学で勉強できるヘアメイクの民間スクールを選ぶ道も考えられます。

スクールの場合、たとえば日中は別の仕事をしながら夜間コースで学んだり、アルバイトと両立しながら勉強するなど、時間がない人でも学びやすいという特徴があります。

在学期間も、3ヵ月程度の短期的なものから、半年、あるいは1年など、さまざまなものが用意されている学校が多いです。

学費はカリキュラムは在学期間によって大きく変わりますが、専門学校の数分の一程度におさめることも可能です。

通信講座

通学そのものが難しい場合、自宅にいながらにして、テキストやDVDなどを使って学べる通信講座もあります。

通信講座は、忙しい人にとって自分のペースで学べるのが最大のメリットといえるでしょう。

ただし、自分一人で勉強するため強い意志が必要なこと、また通学制の学校とは異なり実習の時間がないため、自分でヘアメイクの練習する時間をとる必要が出てきます。

まったくゼロの状態から勉強する場合、よほど強い意志がないと、途中でちょっとつまづいたのを機に挫折してしまいやすいかもしれません。

学校・スクールに通うことがすべてではない

メイクアップアーティストは、資格が絶対に必要な職業ではなく、学歴もあまり問われません。

したがって、これらの学校・スクールに通わなくても、メイクアップアーティストになることは可能です。

たとえば本などを読んで独学もできますし、もしプロに弟子入りさせてもらえる環境があるのなら、現場でイチから仕事を覚えていくといった方法もあるでしょう。

ただし、メイクアップアーティストとしての求人情報を見てみると、「美容・ヘアメイクの専門学校卒業生」であることを採用条件とする企業も少なくありません。

そのため、自分が働きたい場でどういった人材が求められているのか、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

仕事体験談