メイクアップアーティストの弟子入り

弟子入りする人も多い世界

メイクアップアーティストは、一見、とても華やかなように見えるかもしれませんが、一人前になるまでに地道な下積み期間を経ている人も大勢います。

人によってプロのメイクアップアーティストになる道すじは異なるものの、「弟子入り」をして仕事を覚えていくこともよくあり、その期間は厳しい経験やたくさんの苦労を乗り越えていくことになるでしょう。

一般的には、メイクアップアーティストの弟子は「アシスタント」と呼ばれることが多いです。

アシスタントは、仕事が豊富にある先輩メイクアップアーティストに付き、先輩の手伝いをしながら現場で知識や技術を身につけていきます。

アシスタントとしての仕事

メイクアップアーティストのアシスタントの仕事は、先輩の荷物の持ち運び、メイクアップに必要な道具の準備、クライアントとスケジュール調整の連絡、事務所の掃除や片付け、買い出しなど多岐にわたります。

より細かい仕事内容は、師匠となる先輩がどのような現場で仕事をしているのか、あるいは先輩の考え方によって変わってきます。

アシスタントは、フリーランスで活動しているメイクアップアーティストに付くことが多いため、多様な種類の現場に出向く機会があるでしょう。

ただし、ブライダルの現場中心であったり、映画やドラマなど映像関連の現場中心であったり、あるいは特殊メイク専門であったりと、メイクアップアーティストによって得意分野が異なることはよくあります。

どの現場でも一生懸命に取り組んでいれば必ず身につくことはありますが、その現場ならではのルールなどが見えてくるため、弟子入りをする際には、まず自身がどのようなメイクアップアーティストになりたいのかを考えたうえで、応募したほうがよいでしょう。

アシスタントとして大切なこと

メイクアップアーティストの弟子入り期間中は、他の職人の仕事と同様、決して楽しいだけの日々ではありません。

給料は安く、「勉強中だから」という理由でほとんどもらえないこともあります。

また、場合によっては雑用としか思えないような仕事を任されたり、現場で怒鳴られることもあるかもしれません。

実際、そんな厳しさのなかで「理想と違った」という理由からすぐに辞めてしまう人もいるようです。

メイクアップアーティストになるための道はひとつではなく、専門学校で体系的に知識や技術を身につけ、そのまま化粧品メーカーやプロダクションなどに就職し、社員として経験を積んでいくこともできます。

一方、未経験から弟子入りをして、若くしていち早く現場デビューをするチャンスを得ている人もいます。

どちらがいいかは一概にいえるものではなく、まずは「自分がどう成長していきたいのか」を考えることが大切です。

ただし、もし弟子入りを考えるのであれば、厳しさにも負けない覚悟を持っておく必要があるでしょう。

仕事体験談