ブライダルのメイクアップアーティスト

ブライダルのメイクアップアーティストとは

メイクアップアーティストは、さまざまな現場で活躍することができますが、とくに需要が大きいのが「ブライダル」の世界での仕事です。

ブライダルのメイクアップアーティストは、結婚式を迎える花嫁に対して、メイクアップを施していきます。

結婚式はお客さまにとって一生に何度とない思い出に残る日となるため、事前に新郎新婦と打ち合わせを行いながらメイクのコンセプトや方向性を固め、「特別な日」に最高の美しさを提供するお手伝いをします。

具体的な仕事内容

ブライダルのメイクアップアーティストの仕事は、結婚式当日のヘアメイクやお色直しだけではありません。

事前に写真撮影をする場合のメイクアップ、ウエディングドレスのフィッティングやコーディネートなど、結婚式に向けた準備から当日まで「美」という観点からトータルでお手伝いをしていきます。

メイクひとつとっても、花嫁の魅力を最大限に引き出すためには、ドレスの色や素材感、雰囲気と合うものを提供することが重要です。

また、現場ではメイクアップはもちろんのこと、ヘアスタイリングまで任されることもよくあります。

ブライダルのメイクアップアーティストとして働くには

一般的なメイクアップアーティストと同様、まずはメイクアップに関する知識や技術を身につける必要があります。

美容やメイクアップの専門学校・スクールなどで学び、結婚式場やホテル、あるいはヘアメイクプロダクションなどに就職する人が多くなっています。

メイクアップだけを担当するのであれば無資格でも問題ありませんが、「美容師免許」を取得しておくことでヘアスタイリングにも深く関わることができ、就職のチャンスや業務の幅が広がります。

さらに、「ブライダルコーディネーター」関連の資格を取得する人もいるようです。

現代はブライダルのニーズが多様化しており、お客さま一人ひとりの好みや価値観にピッタリと合うサービスを提供する傾向がより強くなっています。

メイクアップアーティストにも、さまざまなニーズに対応できるだけの知識や技術、そして感性が求められるといえます。

仕事体験談