メイクアップアーティストに美容師免許は必要?

美容師の業務範囲まで求められる場合がある

メイクアップアーティストという職業には国家資格がなく、働くうえで必ず資格や免許が必要とされるわけではありません。

しかし、メイクアップアーティストの就職先や、メイクアップアーティストが活躍する場の大半では「メイク」と「ヘアスタイリング」の両方をお客さまに提供するため、実際には「美容師」の役目まで担える人材が求められることが多いです。

ヘアカットのほか、カラーやパーマ、セットなどの施術を行う美容師として働くには「美容師免許」を取得しなくてはなりません。

美容師になるには

そのため、美容師免許を取得しているメイクアップアーティストが大勢いるようです。

美容師免許は持っておくべき?

こうしたことから、メイクアップアーティスト志望者が通う美容系専門学校のなかには、メイクアップの知識や技術を学ぶと同時に、美容師免許の取得が目指せるカリキュラムを設けているところもそれなりにあります。

髪の毛の施術を行わない限り、美容師免許の取得は必須ではありませんが、美容師免許を持っていれば業務範囲を広げることができます。

就職の際にも、美容師国家試験の受験資格を持っている人、美容師免許を所持している人のほうが優遇されることがあります。

そうした点では、メイクアップアーティストが美容師免許を持ておくことに損はないでしょう。

メイクアップアーティストと美容師の違い

美容師は、国家資格である美容師免許が必要なことから、それなりの責任をもって働くことになります。

美容師だけに認められる行為もあり、たとえば美容師免許を持たないメイクアップアーティストは、サロンなどでお客さまの髪の毛にハサミを入れたり、カラーリングをすることができません。

一方、メイクアップアーティストの場合、無資格でもなれる職業であり、なるためのハードルは美容師に比べて低めといえます。

職業名に「アーティスト」と付いているように、芸術家や表現者としての一面を強く持っているといわれることもあります。

とはいえ、先に挙げた通り、現場ではヘアスタイリングのスキルまで求められがちですし、メイクアップに関する特別な知識やスキルも不可欠な仕事であるため、きちんと勉強をしてスキルアップに励む必要があります。

仕事体験談