舞妓と芸者の違い

芸の道に生きる女性達

舞妓は唄や踊り、三味線や琴などの芸事をお座敷で披露し客を楽しませる芸妓(げいこ)になるために日々修行に励んでいる身分です。

15〜20歳という年齢制限があり、置屋で共同生活をしながら、生活のほとんどを芸事の鍛錬に充てています。

舞妓は20歳になると芸妓として活動していくか、芸の道を離れるかを選択することになります。

舞妓、芸妓共に京都の花街が活動拠点です。他の地域でも芸事に励む女性はいますが、この呼称は使いません。

一方、東京を中心とする関東地方には「芸者」が存在します。芸者とは京都で言うところの「芸妓」です。

芸者の見習いは「半玉(はんぎょく)」と呼ばれ、舞妓同様、芸事の鍛練に勤しむことを本分としています。

呼び方の違い

<京都>
・舞妓:「芸妓」の見習い

<関東地方>
・半玉:芸者の見習い
・芸者:京都でいう「芸妓」

男の芸者?!

江戸時代には男芸者というものも存在しており、女芸者と同様、宴席で芸事を披露し、客を楽しませていました。

むしろ、江戸時代には芸者といえば男性である幇間(太鼓持ち)を指したほどです。

明治時代に入ると芸者は男性ではなく、現在のように芸事で生計を立てる女性の呼称になりました。

今宵も芸者がお座敷を盛り上げる

戦前、東京には21の花街が存在していたようですが現在では6つの花街しか残っていません。

六花街と呼ばれる芳町・新橋・赤坂・神楽坂・浅草・向島には多くの料亭がひしめいており、毎晩宴席を芸者が盛り上げています。

芸者は大きくは踊り手である「立方(たちかた)」と弾き手、歌い手である「地方(じかた)」に分かれます。

お座敷には最低でも各1名ずつが呼ばれ、2時間で1名あたり5万円前後のギャランティーが発生します。芸者は気軽に頻繁に呼べるものではなく、また利用する層も限られているといえます。

また、各地の温泉街で活躍する芸者も多く、旅館と提携して観光客のお座敷を盛り上げています。

世界から見たゲイシャ

海外からの日本のイメージの中に必ずといっていいほど芸者が上がります。

このきっかけであると考えられているのは1867年のパリ万博でした。江戸幕府が初めて参加したこの万博には3人の芸者が同行し、パビリオンとして「茶屋」を出展します。

そこで芸者たちはキセルを吸ったり、手まりをついたりして日本の文化を伝えました。これがこのパリ万博で最も人気の高いパビリオンのひとつとなりました。

ほとんどのヨーロッパ人がそれまで生の日本文化に触れたことがなく、その初めての経験は人々に強烈な印象を与えたのです。

それからまもなくフランスを中心に、「ジャポニズム」と呼ばれる日本ブームが到来し、浮世絵人気なども相まって、「日本といえばフジヤマ・ゲイシャ」というイメージが定着したと考えられます。