マジシャンの活躍の場、就職先

レストランやマジックバーで働く

マジシャンとして仕事をする際には、さまざまな雇用のスタイルがあります。

まず、飲食店でプロのマジシャンとして活動する場合です。

レストランや居酒屋では、マジックショーを楽しめる曜日や時間帯があったり、マジシャンがお客さんのテーブルを回ってマジックを披露してくれるサービスがあったりします。

また、「もっと本格的にマジックを楽しみたい!」というお客さんからは、マジックバーも人気を集めています。

このような飲食店でマジシャンとして働く場合、業務委託や派遣でマジシャンとしての出演のみを行うケースと飲食店の店員として雇われるケースがあります。

店員として雇われている場合は、お客さんへの接客をしながらマジックも行うことになります。

マジックだけに専念できるわけではないという事情はありますが、飲食店の正社員や契約社員として雇ってもらえることで収入が安定するという面では大きなメリットがあるといえるでしょう。

ステージやショーで働く

もうひとつのプロのマジシャンの代表的な活躍の場は、イベントで行われるステージやショーです。

ゴールデンウィークや夏休みのような大型連休の時には、デパートや遊園地でもさまざまなイベントが開催されます。

また、お年寄り向けの施設や病院でも、お花見やクリスマスパーティーを行うことがあります。

このようなイベントに呼ばれて行うマジックのショーは単発の仕事であることが多いので、イベントに出演するマジシャンは、芸能事務所や人材派遣会社に所属していてそこから派遣されて仕事をしています。

マジシャンとして活動したいと思うのであれば、まずはこのような会社を探して登録し、仕事の紹介を受けるのが近道になるでしょう。

もちろん、フリーランスのマジシャンとして営業活動から出演まで全て一人で行うマジシャンもいますが、営業活動に自信がある人でなければ仕事の獲得が難しいという現状はあります。

まずは事務所に登録し、人気や実力がついてから独立する、という選択が一般的なようです。