派遣のマジシャン

派遣マジシャンの仕事とは

プロのマジシャンとして活動している人はたくさんいますが、その働き方は多種多様です。

個人の事務所を立ち上げてフリーランスで活動している人、ショーのあるレストランやマジックバーの店員として働きながら活動している人、芸能事務所や人材派遣会社に登録して単発のイベントを中心に活動している人、などさまざまなスタイルに分かれます。

その中でもとくに、芸能事務所や人材派遣会社に登録して派遣で仕事をするマジシャンは一年を通して需要が高いようです。

春はお花見の宴会や結婚式、ゴールデンウィークは遊園地や動物園のショー、夏休みはデパートや夏祭りのステージ、秋は行楽シーズンのバスツアー、冬はクリスマスパーティーや忘年会…というような季節のイベントのたびにマジシャンにも声がかかるからです。

単発の仕事以外にも、短期の契約でレストランやバーでマジックを披露する仕事を依頼されることもあります。

このような派遣のマジシャンは、一回のステージごとに報酬が決まっていて、その金額を芸能事務所や人材派遣会社から給料として受け取ります。

「派遣」で働くメリット

「派遣」のマジシャンとして働くことには、メリットもデメリットもあります。

デメリットはやはり、生活が安定しにくいということ。

正社員として雇用されるわけではないですし、単発の仕事が多いので、たとえ今は収入が多くても来年はわからないという不安が常につきまとうことは否定できません。

しかし、そのぶん自由がきくというのは大きなメリットといえるでしょう。

仕事を引き受けるかどうかは内容を見ながら自分で選ぶことができますし、来年は仕事量を減らそう、あるいは増やそうという調整ができるのでプライベートとの両立もしやすいのです。

また、平日は他の仕事や家事育児をしながら、土日だけ派遣のマジシャンとして働くということも可能なので、他の仕事と両立させたいという人にもおすすめの働き方といえるでしょう。