救急救命士の仕事内容

救急救命士の仕事内容は?

救急救命士は、救急車に同乗し、病院までの搬送中に心肺停止などの緊急事態が起こったときに、医師の指示の下で救急救命の処置を行う仕事です。

具体的には、「心肺停止状態の傷病者に適切な応急処置・蘇生処置を行いつつ、病院などの医療機関に速やかに搬送すること」と定められています。

救急救命士のほとんどは消防官として消防署に勤め、「救急隊員」として事故や火事の現場に急行します。

しばしば誤解されがちですが、救急車に乗っている救急隊員のすべてが救急救命士というわけではありません。

心肺が停止した危篤状態の傷病者を担当する、いわば蘇生処置専門のスタッフが救急救命士にあたります。

現在、消防庁では3人1組で動く救急隊員のうち、最低でも1人は救急救命士の資格を持つよう指導を進めています。

救急救命士ができること

従来、人に対して医療的な処置を施す「医療行為」は医師のみにしか許されておらず、救急隊員が処置を行うことはできませんでした。

しかし、救命率の向上を目的とし、医師以外でも緊急時に救命処置を行うことができるよう、1991年に救急救命士の資格が作られました。

救急救命士による医師の具体的指示を必要とする救急救命処置のことを「特定行為」といいます。

特定行為には、心肺停止時の電気ショックや薬剤の投与、点滴、気道確保や気管挿管のほか、心肺機能停止前の重度傷病者に対する静脈路確保及び輸液、血糖測定並びに低血糖発作症例へのブドウ糖溶液の投与などがあります。

電話による医師の指示を受けずに、救急救命士の判断で特定行為を施すことは禁じられています。

出動以外にも事務作業あり

救急救命士は、レスキュー隊のような1分1秒を争う現場に立ち会うことはもちろんですが、実際には「待機」をしている時間も少なくありません。

待機時間中は、救急車の中の機器の整備や安全確認のほか、書類作成等のデスクワークもします。

また、小中学校に赴いて応急処置などの指導を行うこともしばしばあります。

ほとんどの救急救命士の所属は、病院などの医療機関ではなく消防署です。そのため、消防の仕事も兼ねています。

最後は体力勝負

救急救命士は消防隊のように力仕事こそあまりありませんが、基本的に24時間勤務のシフトで働いています。

朝8時に出勤し、昼食・夕食の休憩と仮眠の時間は設けられていますが、どんなときでも出動命令があれば現場に急行しなくてはなりません。

睡眠リズムが崩れやすく、現役の救急救命士の方の多くは体力勝負の仕事だといいます。日頃から体力トレーニングを行い、バランスの取れた食事を心がけて心身共に健康に気を配る必要があります。

消防署以外の活躍の場は?

救急救命士の勤務先は、日本全国の消防署です。

消防署以外において、救急救命士の勤務先はほとんどありませんが、自衛隊や海上保安官、警察の一部において、救急救命士が働いていることもあります。