救急救命士の就職先

救急救命士の就職先は?

救急救命士の資格試験を突破するといよいよ就職ですが、実は救急救命士の就職先はほとんど限られています。

救急救命士は基本的に急病の傷病者を医療機関まで搬送することが仕事ですので、やはり消防官になるケースがほとんどです。

中には救急救命士の資格取得後に医療機関で働きたい、という方もしばしば見受けられますが、傷病者の治療は医師や看護師の仕事ですので、ほとんどといってよいほど救急救命士の求人はないでしょう。

具体的な就職先のパターンを挙げてみましょう。

消防官

消防官は地方公務員ですので、救急救命士国家試験の他に消防官採用試験に合格しなければなりませんので、注意が必要です。

自衛隊

ごく一部ですが、自衛隊に入隊する際に救急救命士の枠が設けられています。

消防学校、専門学校の講師

救急救命士国家試験を受けるためには大学や専門学校で所定の単位を取得する必要があります。

資格取得後、そうした学校の講師になるのも1つの手です。ただし、倍率が高く、かなりの狭き門となっています。

資格を取る前に採用条件を見る

救急救命士は需要が高い資格の1つではありますが、その反面つぶしが利かないというデメリットもあります。

傷病者の治療ではなく応急処置と搬送が仕事ですので、やはりほとんどのケースで救急隊員として活躍しています。

これから救急救命士になることをお考えの求職者や学生の方は、漠然と資格取得を目指すのではなく、資格取得後の就職先の採用条件(年齢、他の資格・実地研修が必要かなど)をまずは確認しましょう。