救急救命士のつらいこと、大変なこと、苦労

不規則な勤務形態になりがち

救急救命士は、医療従事関係の仕事のなかでも勤務体系が特殊といえる部類の仕事です。

まず、他の仕事と比べて勤務時間が長く、基本的には「24時間勤務」となっています。もちろん、ずっと働き通しというわけではなく、途中で6時間〜8時間の仮眠や食事休憩が設けられています。

とはいえ、やはり日中から深夜まで消防署に待機し、119番通報があればすぐに出動するというのはとても大変なことです。状況によってはほぼ寝る間もないような日も出てきます。

また、救急救命士のほとんどは消防官であり、消防官は身分としては地方公務員になります。

そのため、看護師や医師のような民間の医療機関に勤める医療従事者と比べると、救急救命士はやや薄給となるでしょう。

毎年8,000円前後の定期昇給はあるものの、初任給は高卒で15万円〜17万円前後といわれており、責任の重さに対してそこまで高い給料が得られるわけではありません。

精神的なプレッシャーも大きい

救急救命士は、ハードな職務内容と決して高給とはいえない仕事であることから、仕事そのものに「誇り」や「やりがい」を感じられないと、とにかくつらいだけの日々になってしまうかもしれません。

救急救命士は、基本的には心肺停止状態の傷病者に適切な処置をし、医療機関まで搬送することが仕事です。体力ばかりでなく、事故や火事などの凄惨な現場で、冷静に対処する精神力も必要になります。

現場のプレッシャーに耐えきれるかどうか、というところも、救急救命士としてやっていけるかの重要なポイントとなります。

「人の命を救いたい」という気持ちが強い人であれば、ハードな仕事内容や薄給はそれほど関係ないと感じるのではないでしょうか。

職場にはそうした強い気持ちを持った人が集まっているため、救急救命士が自分の天職であると考えている人にとっては、どれだけ大変な現場を経験したとしても、きっと大きなやりがいを感じるでしょう。