看護師と救急救命士の違い

とくに女性の場合、「看護師」と「救急救命士」のどちらに就くのかで迷うことがあるようです。

ここでは、看護師と救急救命士で、そもそもどういった違いがあるのかを紹介します。

仕事内容、役割の違い

看護師の最も基本といえる仕事は、傷病者に対して医療行為を行うことです。ケガの応急処置から薬剤の投与などまで幅広く対応し、手術の際には執刀医のサポートをします。

また、術後の患者さんの身の回りのサポート、ケガのケアやリハビリなども仕事に含まれます。その他、医療機関ではカルテの作成・整理、医療保険の適応処理などの事務作業を行うことも多いでしょう。

それに対して救急救命士は、傷病者のなかでも心肺停止状態のケースを扱います。心肺停止状態の傷病者は蘇生が遅れると脳に深刻なダメージを残してしまうことがあり、まさに一分一秒を争う状態です。

そうした傷病者の蘇生、応急処置を行いつつ、適切な医療機関まで搬送することを役目とします。

簡単にまとめると、「看護師は医療機関で治療やそのサポートをすること」「救急救命士は応急処置をしながら医療機関まで搬送すること」がおもな仕事となります。

資格の違い

看護師として働くためには「看護師免許」が、救急救命士として働くためには「救急救命士」の資格がそれぞれ必要です。

どちらも国家資格であり、看護師の場合は看護師養成課程のある学校で学び、看護師国家試験に合格しなくてはなりません。

一方、救急救命士は救急救命士養成校といわれる学校で学び、救急救命士国家試験に合格する必要があります。

看護師の場合、免許取得後はおもに病院を中心とする医療機関へ就職してスタッフとして働きますが、救急救命士のほとんどは消防署で働くため、さらに消防官採用試験を受けて消防官になる必要があります。

一部の人は、国家資格取得前に消防官となり、消防署で勤務しながら講習の受講や所定の実務経験を積み、救急救命士国家試験を受験する道をたどります。

看護師と救急救命士、働きやすいのはどちら?

先にも挙げた通り、看護師のほとんどは医療機関、救急救命士のほとんどは消防署に勤めるため、仮に転職を考えた際など、有利なのはやはり選択肢が広い看護師のほうでしょう。

また、救急救命士の場合は消防官採用試験に合格しなければならないというハードルもあります。採用試験の倍率は高く、救急救命士として働くまでの道のりは簡単ではありません。

給与は同年代・同じキャリアで比較すると、勤め先によって給与体系が異なるため一概にはいえませんが、平均で5万円〜15万円前後の差があり。看護師のほうが高給といわれています。

ただし、救急救命士は地方公務員となるため、公務員としての安定性や良い待遇の下に働けることは魅力のひとつでしょう。

仕事のやりがいと将来性

勤務先の給与や転職などを考えると、やはりニーズが高く有利なのは看護師かもしれません。

しかし、救急救命士はそもそもお金や立場に関わらず「人を助けたい」という強い気持ちを持ち続けている方だけが就くことのできる職業です。

ときに悲惨な現場にも出動し、常に生死と向き合う仕事であるため精神的な負担も大きいですが、そうしたプレッシャーと戦いながら人命を救いたいという思いを持っている人であれば、それに見合うやりがいを十分に得られる仕事でしょう。