救急救命士鈴木 尚子さん

1979年生まれ。神奈川県出身。高校卒業後、民間企業での勤務を経て、東京消防庁職員採用試験(一般職)に合格後、入庁。平成14年から消防吏員となり、現職は丸の内消防署警防課救急係主任。階級は消防司令補。

座右の銘:継続は力なり

HP:東京消防庁ホームページ

現在の仕事内容を教えてください。

丸の内消防署の「救急隊」で救急救命士として隊長を務めているほか、災害現場での情報収集や各隊への伝令を行う「指揮隊」としての業務も行っています。

救急隊長として救急車に乗っている時は、傷病者に対して適切な処置を行って迅速に医療機関へ搬送すると共に、各隊員を指揮することが主な役割となります。

鈴木さんが救急救命士になるまでのご経歴を簡単に教えてください。

高校卒業後、一度は民間企業へ就職したのですが、昔から「公務員になりたい」という思いがあり、どうしても諦めきれずに会社を退職しました。

その後、公務員志望者向けの学校で一年間学び、東京消防庁へは事務職として採用され、入庁しました。

数ある公務員の中で東京消防庁を志した理由は、受験生時代に消防署へ願書を取りに行った際、そちらで働く方々の印象がとても良く、自分も同じところで働きたいと思ったからです。

事務職として2年間働いたのち、消防吏員、いわゆる消防官に切り替えるための試験を受けて合格しました。消防官としては2013年で11年目になり、救急救命士になったのは2年半ほど前のことです。

一般的に、消防署で働く救急救命士にはどのようにすればなれるのですか?

photo2-2

救急救命士は国家資格で、なるためには主に2通りの方法があります。1つは高校卒業後、救急救命士の養成校で学び、国家資格を得たのちに消防官採用試験を受験し、消防官になる方法。所定の研修を受け終えたのち、救急救命士として活躍できます。

もう1つは先に消防官となり、入庁後、救急救命士になる前段階の資格を取得したのち、2000時間もしくは5年の実務経験を経ることで、救急救命士の受験資格を得る方法です。

近年は、先に救急救命士の資格を取る人も増えていると感じます。ただし、いくら救急救命士の国家試験に早く合格したとしても、消防官の採用試験にも合格しなければ、消防署で働くことはできません。

鈴木さんは、どのような理由で事務職から消防吏員へと切り替えたのでしょうか?

事務職は福利厚生や経理など、消防署で働く「職員」に対しての仕事が多くなります。

消防組織を縁の下で支える上では欠かせない立場ですが、私は仕事を続けるにつれて、都民の方へ防災意識を訴えかけたり、人々を災害から守る業務に直接携わりたいと思うようになったため、消防吏員を目指しました。

事務職から消防吏員になるケースは多いのですか?

決して珍しいケースではないと思います。私と一緒に事務職として入った同期生22人のうち、5人が消防吏員に切り替えていますから。

しかし、誰でも希望が叶うわけではありません。切り替えの試験は年に一度行われるのですが、消防官職員採用試験と同じ内容の試験を受けなければならず、年齢制限もあります。

きちんと勉強しなければ、合格は難しいと思います。