救急救命士の一日

救急救命士の勤務形態は?

消防署がおもな勤務先となる救急救命士は地方公務員として働くため、勤務形態は各自治体によって異なりますが、多くの場合「24時間勤務」となっています。

24時間勤務では、休憩と仮眠の時間が合計して6時間〜8時間設けられています。

しかし、常に出動体制をとっているため、緊急の際には仮眠中であっても出動しなければなりません。

24時間勤務の翌日は非番となっていることが多く、1日おきに勤務するスタイルが一般的です。

救急救命士のある1日

08:00 出勤、点呼、点検

前日から勤務していた隊員から引き継ぎを行い、車両や資機材の点検を行います。

8:30 待機

出動指令が出ると、即座に現場へ出向きます。

12:00 昼休憩

休憩中も、いつでも出動できる体制を整えています。食事は基本的にご飯ものが多く、緊急出動から戻ってきた後に冷めた丼物などを食べることも。

13:00 待機

出動がない時間には訓練も行います。

17:00 夕食、風呂

18:00〜23:00 待機

出動以外の時間には、報告書作成や統計データのまとめ、救急講習準備など、事務作業も多くこなしています。

23:00〜06:00 仮眠

08:00 交代

この日に当直をするメンバーに引継ぎを行います。

上記のすべての時間において、出動要請が入ればただちに現場へ向かいます。

現場では、傷病人の状況を確認して救急車に乗せ、受け入れ先の病院と連絡をとりながら救急車を病院まで走らせます。

1日の出動件数、出動の多い時期などは?

地域や時期によっても大きく異なりますが、1日の出動件数は、およそ数件から多いときは10件前後となっているようです。

1日に10件も出動が入る日は、消防署にいる時間よりも現場にいる時間や移動時間の方が長く、寝食ままならないこともあります。

消防署に通報のある事案の多くは救急ではありますが、火を扱うことの多い冬場、空気の乾燥した初秋から晩秋は、火事の出動件数がとくに多くなる傾向にあるようです。