救急救命士養成校の入学から卒業までの流れ

救急救命士養成校に入学するためには

救急救命士の国家試験受験資格を得るために通う養成校には、大きく分けて「専門学校」と「大学」があります。どの学校でもたいてい「救急救命学科」といった名称になっています。

どちらも入学の際には試験が設けられており、ほとんどの場合、高校卒業もしくは大検取得者のみに受験資格があります。

入学試験は高校の教育課程に準じた内容が出題され、入試問題の難易度や合格ラインは学校によってさまざまですが、専門学校と大学にさほど大きな差はありません。

大学の方が入試が難しいのではないかと思われがちですが、救急救命学科の全国平均の偏差値はそれほど高くなく、専門学校とさほど変わりはありません。

救急救命士養成校を選ぶ際には、入試の難易度よりも、将来の進路や就職率などを考慮して選ぶのがよいでしょう。大学を出れば、当然ですが「大卒」の学歴を得ることができます。

養成校で学ぶこと

救急救命士国家試験を受験するためには、上記に挙げた救急救命士養成校で2年以上の研修を受けることが義務付けられています。

専門学校の場合は2年もしくは3年、大学の場合は4年間で卒業する流れとなっています。

卒業までに必要な単位を取得し、医学知識や医療機器の取り扱いなどを幅広く学び、救急救命士国家試験に備えます。

具体的には、1年次には人体構造、人体機能、、救急医療概論、解剖生理学、救急処置概論といった救急医学の基礎となる科目を学び、年次が上がるにつれて専門性の高い科目までを順に学んでいきます。

さらに、カリキュラムには学校内での座学のほか、救急車同乗実習や病院内の臨床実習も組み込まれています。

大学は4年間という時間をかけて学ぶ分、よりゆとりのあるカリキュラムになっていることが多いです。また、語学や心理学、社会学、国際関係の科目など、より幅広い科目を履修できることが特徴的です。

一方、2年制の専門学校では短期間でみっちりと科目を履修していくため、より密度の濃い毎日を過ごすことになるでしょう。とても忙しい日々を送ることになるかもしれません。

このように、所定のカリキュラムを修了すると、国家試験の受験資格が得られます。

なお、救急救命士国家試験は毎年3月末に行われ、合格発表は4月上旬となっています。したがって、救急救命士国家試験の受験は、救急救命士養成校を卒業する前となります。