有名な競艇選手(ボートレーサー)

真の天才レーサーと評される今村豊選手

「艇界のプリンス」と呼ばれる今村豊選手は、ボートレーサーとして数々の記録を塗り替え、「真の天才レーサー」と呼ばれています。

今村選手は、1961年に山口県小野田市(現在の山陽小野田市)に生まれました。

小さい頃から競艇ファンだった父親に「大きくなったらボートレーサーになるんだぞ」とささやかれながら育ち、その言葉通り、1981年に第48期生として当時の本栖研修所に入りました。

研修所の教官から、「全速ターン」を教えてもらいます。

全速ターンとは、レースで行う180度のターンを減速せずに行うことで、転覆の危険があるため、当時の競艇界では誰も挑戦していませんでした。

以後、今村選手は、本栖研修所でこの全速ターンの練習に励みます。そのたびに転覆するため、「本栖の転覆王(ドボンキング)」と呼ばれたほどでした。

しかし、来る日も来る日も練習を繰り返した甲斐あって、全速でも旋回半径を小さくできる「全速ターン」を会得しました。

ターンする際、体重をボートの右側に思い切りかけることでボートの右半分を沈め、遠心力の影響を食い止めることに成功したのでした。

翌1981年5月、徳山競艇場でデビューすると、デビュー戦で1着に入り、なんと優勝戦に進出したのです。

操縦テクニックやレースの駆け引きが着順を左右するボートレースで、先輩レーサーたちを相手に新人レーサーが優勝戦に進出することは異例中の異例でした。

先行する先輩たちがターンで減速すると、今村選手は全速ターンで追い抜き、先頭に立ちました。

新人が所属する最下位クラスから、わずか半年で最上位クラスに駆け上がり、1年後に初勝利をあげると順調に勝利数を積み重ねました。

デビュー11年目には、公営ギャンブルの選手で史上初めて生涯獲得賞金が20億円を突破しました。

難病の一つであるメニエール病とも闘いながら、デビューから26年目の2007年には通算2000勝、33年目の2014年目には通算2500勝を達成し、現在も現役選手として活躍しています。

人気漫画のモデルとして知られる濱野谷憲吾選手

競艇を題材にした人気漫画『モンキーターン』の主人公のモデルとなったのが濱野谷憲吾選手です。

作者の河合克敏さんが、取材で東京の平和島競艇場を訪れた時、濱野谷選手の豪快なターンを見て、作品のイメージが湧いたそうです。

濱野谷選手は、ターンの豪快さと華麗さから、「艇界のファンタジスタ」とも呼ばれています。

濱野谷選手は、1973年、東京都世田谷区に生まれました。

高校を中退した17歳の時、当時の本栖研修所に入り、1992年にデビューしました。デビュー2走目で1着に入り、デビュー1年半後に初優勝を飾っています。

豪快なモンキーターンで、順調に成績を伸ばしました。

モンキーターンとは、レースのターンの時、ボート上に前傾姿勢で立ち上がる旋回方法です。その姿勢でボートのバランスを微妙に調整することで、より高速でターンすることを可能にします。

競馬のモンキー乗りに似ていることから、「モンキーターン」と呼ばれるようになりました。

高速ターンで旋回するため転覆することが多く、濱野谷選手も1日に2度転覆して失格になったこともあります。

濱野谷選手は、初勝利後も順調に成長しましたが、優勝戦では25連敗とここ一番の試合でなかなか勝てない時期が2年以上も続きました。

ようやく2勝目をあげたのが、デビューから丸4年の1996年5月で、これをきっかけに優勝を重ねました。

漫画『モンキーターン』の作者が濱野谷選手を見たのは、ちょうどその頃のことです。漫画がヒットしたことで、濱野谷選手の知名度も一気に上がりました。

1998年から2006年まで、9年連続で年間獲得賞金が1億円を突破。松井繁選手ら近畿勢や植木通彦選手ら九州勢に対し、東京出身の濱野谷選手は「東都のエース」と呼ばれました。

2015年現在も第一線の選手として活躍しています。