競艇選手(ボートレーサー)のやりがい

結果が出ることで、自分が成長したと感じること

競艇(ボートレース)は、勝ち負けのはっきりする勝負ごとです。レースのたびに、1着〜6着までの着順も決まります。

そういう点では、日々のレースで、少しでも着順を上げること。また、思う通りのレースができたときには、やりがいを感じます。

成績を上げるためには、エンジンの調整から、エンジンに合わせたプロペラ作りに加え、風や波、その日の天候を計算したレース運び、さらには、レース展開に合わせた対応など、こなさければならないことがたくさんあります。

実際のレースは、こちらがうまくいけば、あちらがうまくいかず、こっちがダメなら、あっちがうまくいったということの繰り返しです。

それでも、次々とレースをこなしながら、自分の未熟さを思い知らされる中では、競艇選手(ボートレーサー)として、少しでも自分が成長したと実感できたり、結果が出ることがやりがいになります。

成績によってランクが上がること

ボートレーサーは、成績によって上位からA1(全体の20%)、A2(全体の20%)、B1(全体の50%)、B2(新人選手など)の4クラスに分けられています。

新人は、最下位のB2に所属し、成績がよければ順番にクラスが上がっていきます。

クラスが上がれば、よりグレードの高いレースに出場でき、レースへの出場回数も多くなって年収もアップします。しかも、ランクは、実力があれば、すぐに上がります。

クラスが上がっていくことも、ボートレーサーにとっての大きなやりがいです。

ファンからの声援や支持も大きなやりがい

ボートレースのファンからの声援も、大きなやりがいです。ボートレースのファンは、自分のお金で舟券を買い、そのレーサーに賭けてくれます。

ファンの期待通りのレースができた時、声援を受けるのは当たり前ですが、期待を裏切れば、罵声が飛んでくることもあります。

ボートレースファンの期待や夢を背負って走る以上、ファンの声援を受けたいという気持ちは強いです。そして、実際に声援を受けることが、レーサーとしてのやりがいにつながっています。