競艇選手(ボートレーサー)の1日

開催日前日の1日

競艇選手は、開催日前日にレース場に入り、レースの準備をすると同時に、そのまま宿舎で隔離されます。ここでは、開催日前日の1日について紹介します。

7:00

自宅で起床

8:00

準備をして家を出る。電車を利用して出場するレース場へ向かう。

10:30

レース場に入り、顔を合わせた仲間と談笑する。

11:00

受付をして私物検査を受ける。この時、携帯電話やパソコンなど、外部と連絡できる機器を預ける。

12:00

選手ミーティング出場選手が集まり、主催者のあいさつと注意事項を聞く。続いて、乗艇するボートとモーターを割り振るための抽選会を行う。

ボートとモーターは、自分のものを持ち込むのではなく、主催者から借りるという形をとる。モーターは、それぞれ性能が違うため、良い性能のモーターに当たるかどうかが成績に大きく影響する。

12:30

昼食

13:00

抽選で割り振られたモーターをチェックして、エンジンの調整をする。

また、プロペラも、自分が乗りやすいように調整する。

13:30

調整したモーターやプロペラをセットして試走する。気に入った走りができなければ整備場に戻り、再びモーターやプロペラの調整を行う。

約30分の短い時間に気に入るレベルまで調整をしなければならない。

14:00

スタート練習をした後、タイム測定をする。測定したタイムによっては、翌日からのレースに出場できないこともある。

また、測定したタイムはマスコミを通じて公表され、投票する競艇ファンの判断材料の一つになる。

16:00

選手専用バスに乗って選手用の宿舎に向かう。

不正を防ぐため、専用バス以外での移動は認められていません。また、移動中、直接会うことはもちろん、電話、メールなどの通信手段によっても外部との接触は一切禁止されている。

16:30

夕食。宿舎の食堂で用意された料理を食べる。

食事後は入浴と自由時間。娯楽室でリラックスする選手もいれば、自室でのんびりする選手もいる。気の合う選手同士で談笑することが多い。

外部との接触は、家族といえども一切禁止されている。

22:00

消灯。

開催日の1日

レース開催日には、1レースか、2レースに出場する。

6:00

起床。

7:00

朝食。

8:00

準備をして選手用バスでレース場に入る。

9:00

レース場に入り、モーターやプロペラを調整する。

モーターやプロペラは、その日の天候や気象条件、水質などでもセッティングが微妙に変わる。前日に調整した状態でいいかどうかも含め、改めてチェックする。

11:30

第1レースの開始。

12:00

昼食。昼食は、自分のレース時間に合わせて各自食堂で食べる。

12:30

レースに向けて最終チェックをする。

13:30

レースに出場。

14:00

次のレースに備えてモーターとプロペラの再調整をする。1回目のレースで得た感覚によって、モーターとプロペラを最良の状態に微調整する。

レースでの走りの状態を的確に把握する感覚と、それを基に短時間で微調整する能力が問われる。

16:30

2回目のレースに出場。

17:00

レース終了後に片づけをして、専用バスで宿舎に戻る。

18:00

食堂で夕食。

夕食後は、入浴と自由時間。選手それぞれ思い思いに過ごすが、どこかで、その日のレースを振り返り、翌日のレースに経験を活かせるようにシミュレーションする。

22:00

消灯。