脚本家への転職

業界内、執筆業からの転職

第一線で活躍している脚本家のデビューのきっかけは、演じる側からの転身、放送作家や演出家などショービジネスの世界内での転身、コピーライターや小説家など執筆業からの転身が多いようです。

これらはすべて、すでにそれぞれの前職においてキャリアを積み、脚本家としての素養を得ている人たちであり、人脈や業界内での知識にも長けているため比較的スムーズに脚本家への転職が叶ったといえるでしょう。

また、彼らの中には前職の仕事を兼務している人も多く見受けられます。

前出のようなキャリアのある人なら、シナリオ講座などで基礎的な脚本づくりのノウハウを習得し、作品を数本書き上げるだけで脚本家への転職準備が整います。

異業種からの転職

脚本家には学歴も資格も必要ないので、ある日突然「私は脚本家です」と名乗り、執筆を始めることは可能です。しかし、それだけでは仕事が来るはずがありません。

脚本家として一人立ちするまでには学ぶことや苦労が多く、そもそも素質のある限られた人しかスタートラインに立てない難しい職種です。

事務職や販売職など、まったく畑の異なる業種から脚本家に転職するには、まず、脚本を書くために必要な基礎的なノウハウを習得しなければなりません。

専門学校に通うまでもなく、勘がいい人ならシナリオ講座や独学でもノウハウを習得することは可能です。

その上でチャレンジしてほしいのが、シナリオコンテストなどで入賞すること。

いわゆる素人から脚本家に華麗なる転職を遂げた人たちのデビューのきっかけに多いのがコンテストでの入賞であることからも、その重要性がわかります。

テレビ局や大手制作スタジオ、映画祭などが主催するコンテストやコンクールが多数開催されているので、腕に覚えがある人なら応募してみるのも手です。

入賞できなくても審査員のコメントが得られるコンテストもあるので、プロのアドバイスによって大きなスキルアップにつながることも期待できます。