脚本家の種類

脚本家にはさまざまなジャンルが

脚本家といえば映画やドラマのストーリーや台詞を考える仕事というイメージをもっている人が多いのではないでしょうか。

実はそのほかにも舞台演劇、CM、ゲーム、ラジオドラマ、各種ビデオに至るまで、「セリフ」や「ナレーション」がある商業作品のほぼすべてに脚本家がかかわっています。

さらに、映画やドラマでもアニメ作品となると、俳優が演じる作品とはまた異なるノウハウが必要となるため、アニメ専門の脚本家も多く存在しています。

今回は脚本家がかかわるジャンルの中でも中核を担う「映画」「ドラマ」「アニメ」についてご紹介します。

「映画」の脚本家

映画で小説などの原作がある場合、長いストーリーから2時間前後のストーリーに書き換えるのが映画の成功を左右するポイントだといえます。

ストーリー展開は大きく分けると、原作の中の一部分にクローズアップする、または全体の流れを要約するという形。

どの部分を採用するかによって、映画にした時にはまったく異なる作品になってしまう重要な作業です。

また、原作がないオリジナルの場合は、脚本家が一からストーリーを考える必要がああります。

「ドラマ」の脚本家

小説などの原作があるテレビの連続ドラマでは、原作のストーリーに対して連続ドラマ全体のストーリーの長さが上回る場合はエピソードを増やす、下回る場合はカットするという作業が必要になります。

1話ごとにドラマティックな盛り上がりを作ったり、次回も見たくなるシーンでその回を締めるなど、連続ドラマならではのテクニックを駆使して脚本を書き上げます。

「アニメ」の脚本家

アニメの脚本はマンガが原作となることが多く、その場合はストーリーやキャラクターの設定は原作に基づきます。

スピンオフ映画など原作がない場合は、監督と脚本家が協力してプロット(あらすじ)を考えることが多いようです。

またテレビアニメのように話数が多い作品では、シリーズ全体の流れを決めるためのシリーズ構成を考えるところからスタート。進行は連続ドラマと共通する部分が多くあります。