脚本家の給料・年収

実績により給料は大きく変わる

脚本家の収入は、人によって大きな差があります。実績がある脚本家は、かなりの高収入を見込むことができます。

脚本家というものはSOHOや個人事業主と似ていて、「会社に所属して給料をもらう」という形態とはかなり異なります。

ほとんどがフリーランサーで注文を受けて仕事を始めるというやり方ですので、各個人による収入の差は激しく、サラリーマンのように平均的な年収を算出するのは難しいところがあります。

脚本の報酬

基本的な脚本の料金の算出方法は、「一話あたり何円」や「一つのプロジェクトあたり何円」、「放送時間の一分あたり何円」などさまざまです。

発注の単位も人や予算によって変わってきますが、大まかな脚本料でいえば、ラジオドラマは一本十万円程度、一時間程度のテレビドラマが一本あたり60万〜100万程度、売れっ子脚本家だとそれが数百万になるそうです。

三ヶ月程度のシリーズになると一千万円を超えることもあるとのことです。

実績ができるまでは厳しい収入

一方で駆け出しの脚本家やあまり有名でない脚本家の場合はかなり単価も下がってしまいます。

場合によっては新人の有望株に一話あたり数万円で注文を出したり、買い切りという形でヒットした場合でも、別に収入が得られない契約もあるそうです。

そのため、きつい割に報われないという過酷な労働環境になってしまうこともあります。

そのため脚本家には年収が百万円に満たない人や他に本業を持ちながら、趣味のような形で脚本を書いている人もいます。

こういった状況なので、収入は個人によってかなり異なりますし、芸能人やミュージシャンと同じく、芽がでないうちは低収入を覚悟しなければいけない職業でもあります。

二次使用料も収入に

契約によっては、脚本を書いた作品のグッズやDVDなどでの二次使用料も収入となります。

再放送やDVD化されると二次使用料が分配されるので、良い脚本を書き、ドラマがヒットすれば収入が増えていきます。