脚本家の就職・募集の状況

脚本家の求人広告

芸能プロダクションやマネジメントオフィスが「脚本家募集」という求人広告を出しているのをたまに見かけますが、ほとんどの場合は自社で「シナリオ講座」などの教育機関を設けている事務所です。

すでに脚本家としてデビューしているものの仕事がなかなか来ないため応募したいという人、いわば事務所を乗り換えたい人でない限り、身銭を切って講座を受けさせられることがほとんどでしょう。

もちろん、講座を修了した卒業生の中で優秀な人はその事務所の所属となり、仕事の世話をしてもらえますが、脚本家としての素養やスキルが足りないと判断された人の場合は所属といっても名ばかりになってしまいます。

とはいえ、脚本を書くには基礎的なノウハウが必要なので、シナリオ講座での学びも役に立ちます。

その事務所を通して脚本家デビューできる確率は高くないということがきちんと理解できていれば、講座に参加すること自体は実りがあるでしょう。

ショービジネス界の人脈

脚本家としてデビューするためには、とにかく映画プロデューサーをはじめとする脚本家を選ぶ権限がある人に作品を見せ、実力を認めてもらうしかありません。

もっとも手っ取り早いのは、人脈をたどって自分の作品をショービジネス界の実力者に届けること。そこで納得させることができれば、即、脚本家としてデビューすることも夢ではありません。

ただし、何より実力が第一のショービジネスの世界。いわゆるコネだけではデビューには結びつかないことを覚えておきましょう。

シナリオコンテスト

ショービジネス界に人脈がない人の場合は、地道にシナリオコンテストに応募し続けるのが得策です。

もちろん、シナリオ講座を受けたり自力で学んだりして基礎的なノウハウを習得していることが大前提。

とにかくたくさん書いて実力を磨き、これぞという自信作ができたらシナリオコンテストやコンクールに応募してみましょう。

審査員の心に触れて入賞できればキャリアアップとなり、デビューのきっかけになることもあります。