シナリオライター三島ゆたかさん

東京都立川市出身。俳優、シナリオライター、演出家として活躍中。現在は劇団『おにぎりスキッパーズ2』を主宰。自分の劇団以外にもさまざまな舞台脚本を執筆。

座右の銘:理由は後からついてくる

HP:公式ブログ『三島ノート』 / おにぎりスキッパーズ2公式サイト

シナリオライターの仕事内容を教えて下さい。

シナリオライターの仕事は、セリフ立てで物語を作る人のことです。戯曲でもドラマでも、企画からあらすじ、シナリオまで全部の作成をして、監督、演出家に渡すまでを担当します。企画を立ててから依頼を受けて執筆という形です。

一日はどんな流れで過ごしていますか?

仕事の流れではないけれど、大抵は物語のことについて考えています。アイディアが浮かんできたり、素敵なセリフが思いついたら、自転車に乗ってる時も、電車に乗ってる時も、お風呂場でも、どこでもメモするようにしています。

いまはどんな仕事をしていますか?

今は自分が主宰する劇団の舞台『みまもりゼロ』の脚本を書いています。『みまもり刑事』っていうシリーズなんですが、逮捕権を持たない、事件を見守るしかない刑事の話です。これが結構人気で、シリーズも7作目になっています。

シナリオライターを目指そうと思ったきっかけを教えて下さい。

昔から何かを創るのが好きで、最初は漫画家になろうって決めていたんです。手塚治虫や赤塚不二夫が好きだったから。赤塚不二夫の「まんがプロ入門」なんかを読んだりもしてたんですが、その流れで脚本も書くようになりました。漫画もシナリオも、物語りを創るという意味では同じですしね。

シナリオライターになって思い出に残っているエピソードはどんなものでしょうか?

『スカイフック』という「星の王子様の帰還」の物語を書いた時に、舞台を観たお客様から「『ピーターパンコンプレックス』という本を読まれたんですか?」と言われて。実は読んだことなかったんですけど(笑) 

「大切なことは目に見えない」という星の王子様の名セリフ、あるじゃないですか? あとで読んだらそのことを『ピーターパンコンプレックス』の中で「スカイフックという」と書いてありまして、偶然の符合にとても驚いたことが思い出に残っています。

逆にシナリオライターになって失敗したエピソードはありますか?

1999年頃に、いつも誰かに見られているように感じている主人公の話を書いたんだけど、その主人公っていうのは実は漫画の主人公だったっていうオチでした。

その半年くらい前に『トゥル―マンショー』っていう映画が公開されまして(※筆者注:トゥルーマンショー/1998年公開 ジム・キャリー主演 平凡な人生を送っていと思われていた主人公だが、実はテレビショーの出演者であり、生活の全てがテレビで放映されていた)、お客様から「トゥルーマンショーに似てますね」って感想を頂いて、実はその映画観てなかったんですが、確認するとあまりにも内容がそっくりで……。物語は数え切れないぐらい多く存在するし、必ず似たものはあるはずだと言われているけど。

自分のリサーチ不足を感じました。悔しかったし、それからは世に出ている物語には、なるべく目を通すように心がけています。