脚本家に必要なこと

脚本家に必要なスキル

脚本家には資格や学歴はまったく必要ありません。

たとえ中卒であったとしても「いい脚本」「売れる脚本」が書けるならば、きっかけさえつかめば誰でも脚本家として活躍できる可能性があります。

脚本家は主に映画やドラマ、舞台演劇などの脚本を執筆する仕事。そのほかにもゲームやCM、各種ビデオに至るまで、「セリフ」や「ナレーション」がある商業作品にはほとんどの場合、脚本家が存在しています。

そのすべての作品において脚本家に必要なのは、もっぱら視聴者や観客を引き付ける文章です。

ボキャブラリーや文章力はもちろん、構想力、想像力、表現力、幅広い知識といった素養が求められます。

スキルを身に付けるためには

「脚本の書き方」のノウハウ

実力主義とはいえ、脚本には形式やストーリー立てなどの基礎的なノウハウがあるので、専門学校やシナリオ講座で学ぶのもいい方法です。

独学で学ぶには、いい映画や優秀なシナリオにたくさん触れるとともに、「シナリオの書き方」のようなハウツー本で基礎的なノウハウを習得するのが得策だといえるでしょう。

「いい脚本」を書くためのスキル

ノウハウ以外のストーリーや書く内容の部分では、生活のあらゆることがスキルアップにつながるといっても過言ではありません。

ある脚本家は、「脚本を書くために役立っていることは?」という問いかけに、「今まで生きてきた人生のすべてです」と答えています。

さまざまな経験や感じてきたことが自身の糧となり、魅力的なキャラクター設定やストーリー展開を思いつくことに結び付いているというわけです。

ほかにも、文章力を養うなら大学の文学部なども役立ちますし、知識を養うなら本を読むなど、素養の一部なら身に付ける方法はたくさんあります。

脚本家デビューのきっかけをつかむ

いくら脚本家としてのスキルを身に付けても、優れた脚本を書いても、それが脚本を依頼する側、つまりショービジネスのプロの目に留まらなくては脚本家デビューはできません。

ショービジネス界に人脈を作る、シナリオコンテストで入賞するなどのきっかけを得ることが肝心です。