公認会計士の給与・年収

サラリーマンよりも年収は高め

公認会計士というのは、国家資格を取得した人しか就くことのできない職業です。会計のプロフェッショナルとして、監査やコンサルティングや税務などさまざまな業務に携わります。

公認会計士は、その仕事の専門性の高さから、一般企業に勤めるサラリーマンよりも収入が高いことで知られています。

日本の大企業の平均年収は600万円ほどです。これに対して、公認会計士の平均年収は800万円以上になります。

大手の監査法人に就職すると、初任給の時点で年収が500〜600万円に達することもあり、安定した生活が送れる職業のひとつだと言えるでしょう。

また、実力勝負の世界ですから、自分次第で年収1000万円以上を手にすることも可能です。大手監査法人で昇進したり、独立して個人の会計事務所を開いたり、コンサルティング業界に進出したりして活躍することで、より高い報酬を手にすることができます。

福利厚生が充実していることも

福利厚生の内容は会社によって異なりますが、大手の監査法人では育児や介護による休業制度を設けているのが一般的です。女性が長く働きやすい環境だと言えます。

また、スポーツクラブや会員制の別荘を格安料金で利用できる、社内のマッサージルームを利用できるなどの特典があることもあります。

転勤があるケースは少ないですが、監査のための出張は年間を通して多くあります。そのぶん、出張手当や残業代がつくことが見込めます。

公認会計士は、正社員以外にもパートやアルバイトという短期雇用の働き方があります。パートやアルバイトの給料も、一般的な仕事に比べると高く設定されていることが多く、時給1000円〜2500円ほどになります。

これも専門性の高い資格を取得していることならではのメリットです。

公認会計士・税理士平均年収の統計資料

平成27年度の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば、「公認会計士・税理士」の平均年収は40.7歳で718万円となっています。

・平均年齢:40.7歳
・勤続年数:11年
・労働時間:156時間/月
・超過労働:15時間/月
・月額給与:475,800円
・年間賞与:1,478,400円
・平均年収:7,188,000円

出典:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

公認会計士・税理士平均年収の統計資料

平成27年の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば、「公認会計士・税理士」の平均年収は40.7歳で718万円となっています。

・平均年齢:40.7歳
・勤続年数:11年
・労働時間:156時間/月
・超過労働:15時間/月
・月額給与:475,800円
・年間賞与:1,478,400円
・平均年収:7,188,000円

出典:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年 公認会計士・税理士の年収(規模別)

10人〜99人の事業所に勤める公認会計士および税理士の平均年収は595万円、100〜999人規模は964万円、1,000人以上規模は879万円、10人以上規模平均は719万円となっています。

公認会計士と税理士とが一緒になった調査となっておりますが、大手監査法人に勤める公認会計士の年収が、1,000人以上規模の年収を押し上げていると推定されます。

公認会計士・税理士の年収(規模別)_27

平成27年度 公認会計士・税理士の年収(年齢別・男女別)

サンプルが少ないためばらつきがありますが、総じて年収は高めです。

男性の平均年収は790万円、女性は570万円と男性の方が200万円ほど高い年収となっています。
公認会計士・税理士の年収(年齢別)_27

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。