航空整備士の仕事内容

航空機の整備とは 航空整備士は、航空機が安全に飛行できるように機体の点検・整備、修理を行う仕事です。航空機は大小合わせて何万という部品からできており、たったひとつの部品の不具合や欠落などから、命に関わる危険が生じることも … 続きを読む

航空整備士の就職先、活躍の場

航空整備士はエアラインに就職する? 航空整備士といえば、各地の空港で作業服を着て、整備業務に携わっている姿を思い浮かべる人が多いはずです。 しかし、彼らの多くはJALやANAといったエアライン会社に所属しているわけではな … 続きを読む

航空整備士の役割

航空機の安全を守る裏方的存在 航空機は数多くの部品から成り立っており、そのうちひとつたりとも無駄なものはありません。 また航空機を安全に確実に飛ばすには定期的に各部品の点検を行い、必要に応じて修理や交換などを行うことが必 … 続きを読む

航空整備士の魅力

最先端の技術に触れられる 航空機はハイテクの塊ともいわれます。コックピットにはさまざまなコンピュータとディスプレイが並び、そんな最先端の科学技術によって安全で快適な飛行が実現しています。 しかし、航空機は航空整備士たちが … 続きを読む

航空整備士の1日

1日の流れ 空港では24時間体制で整備を行うため、整備士たちは交代制でのシフト勤務をしています。勤務時間帯は会社によっても異なりますが、ここでは昼間にライン整備を担当する人のスケジュールと、夜間にドック整備を担当する人の … 続きを読む

航空整備士のやりがい

チームで成し遂げる達成感 航空整備の現場では、大勢の仲間と一緒に整備業務を行います。それぞれが専門分野を持ち、お互いプロフェッショナルとして尊敬し合いながら働いているのです。 仕事をする上では、もちろん自分自身が身につけ … 続きを読む

航空整備士の大変なこと、苦労

常に勉強、英語も必要 航空整備士の資格取得に向けては専門的な勉強が必要となるため、学校在学中は毎日予習復習に追われます。 さらに、いざ航空整備士になってからも、業務をする上では航空関係の専門用語がたくさん出てくるため、ひ … 続きを読む

航空整備士の現状と将来性

若手整備士の採用、育成が課題に 大手エアラインでは、昭和40年代ごろから50年代にかけてジャンボジェットが急速に普及するのに伴い、大量に航空整備士の採用を行っていた時代がありました。 しかし、その時期に採用された現役整備 … 続きを読む