航空整備士の魅力

最先端の技術に触れられる

航空機はハイテクの塊ともいわれます。コックピットにはさまざまなコンピュータとディスプレイが並び、そんな最先端の科学技術によって安全で快適な飛行が実現しています。

しかし、航空機は航空整備士たちが整備しているからこそ正しく動くのです。

テクノロジーと整備士、どちらが欠けることも許されませんが、整備士は日ごろからさまざまな科学技術に触れる機会が多く、機械が好きな人にとっては、とても新鮮で刺激的な日々が過ごせるでしょう。

多くの仲間とコミュニケーションをとって働く仕事

航空整備士たちは同じ航空整備士はもちろんのこと、航空機に関わる仲間であるパイロットやキャビンアテンダントなどと、報告や連絡などでコミュニケーションをとる機会も多くあります。

この仕事はコツコツと作業を続ける集中力や忍耐力が必要ですが、個人プレーではなくチームプレーが求められます。人と協力しながらひとつのことを成し遂げたいと思う人にとっては、とても魅力的に感じられる仕事でしょう。

資格をとってスキルアップが目指せる

航空機の仕組みは大変複雑であるため、自分一人だけですべての業務を1から10まで行うのは不可能です。そこで、それぞれの整備士たちは自分の取得している資格に応じた担当業務を、チームで協力しながら進めていきます。

航空整備士にはいくつもの資格があるため、勉強と経験を重ねて資格を取得すれば業務の幅がどんどん広がっていきますし、ゆくゆくは現場の責任者になることもできます。自分の頑張り次第で活躍できるフィールドが広がるのは、この仕事の魅力といえます。