航空整備士の就職先、活躍の場

航空整備士はエアラインに就職する?

航空整備士といえば、各地の空港で作業服を着て、整備業務に携わっている姿を思い浮かべる人が多いはずです。

しかし、彼らの多くはJALやANAといったエアライン会社に所属しているわけではなく、エアライン会社が委託する関連整備会社に勤め、全国各地の空港を整備の現場として働いています。

そのため、航空整備士を目指す人はまず航空専門学校や大学の航空整備コースで学び国家資格を取得し、エアライン系列の整備会社への就職を目指すのが最も一般的なルートとなっています。

具体的には「JALエンジニアリング」「ANAベースメンテナンステクニクス」などがありますが、近年では各社の統廃合によって新たな会社が生まれることも少なくありません。

航空機使用事業会社、航空機メーカーなど

小型飛行機やヘリコプターを運航する航空機使用事業会社でも、航空整備士が活躍しています。また、航空機メーカーや航空機系エンジニアリング会社、航空計器メーカーなどでも整備士の求人があります。

また、ヘリコプターを持つ新聞社やテレビ局も就職先の候補となります。

官公庁でも活躍

航空整備士は、民間会社以外の官公庁などでも活躍することができます。

たとえば、警察や消防には小型機やヘリコプターを使って空の上から救助活動などを行う「警察航空隊」や「消防航空隊」があるため、整備技術を持った整備士の存在も必要不可欠となっています。

また、海上保安庁や航空自衛隊でも整備士が活躍しています。

大手エアラインで技術系管理職を目指す

4年制大学の理工系学部や大学院修士課程を修了すれば、JALやANAの総合職技術職部門を受けて採用されることで、エアラインの社員として働くことができます。

こちらでも整備業務に関わることができますが、航空整備士としてスペシャリストになるというよりはゼネラリストを目指し、将来的には技術職の幹部になることを目的としています。